十 ~忍法魔界転生~(10) (ヤングマガジンコミックス)

  • 講談社
3.72
  • (2)
  • (9)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 96
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063829242

作品紹介・あらすじ

魔界衆の本拠・和歌山城で逃げ場を失った十兵衛――その窮地を救ったのは敵であったはずのクララお品だった。裏切りを知った天草四郎時貞はお品を粉河寺にて捕らえ、その身体を弄び始める。だが、まさにその折、十兵衛もまた粉河寺へと到着する。神の子と謳われた天草四郎の操る秘術とは!? これより死闘が幕を開ける!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • おそらく、本編で一番オリジナル要素が多い巻ではないだろうか。

    原作では「文字ではいいけど絵にするとすげーしょっぱいだろうなぁ」と思っていた天草四郎戦が大幅改変。と、ここでこれまでの色々何気ない描写だった所が実は「この展開」のための伏線だったということに気づく。多分作者的に愛されていたんだろうなぁこの両人。

    と、突然意外なゲストキャラ。これもまたある意味せがわ先生のオリジナル展開で生まれたキャラですな。
    ドラマ的には彼を魔人宮本武蔵と出会わせたいところでありますが、このまま何事もなく余生を過ごさせてあげたい気もします。

  • えっ?この段階で四郎とお品が逝っちゃうの!?な10巻目。でも、なんかお品が最後に爺さんの指飲み込んでたのが気になるのですが。カウント外にするだけじゃ無い伏線が有ることを期待してもいいのかな~?あと、弥太郎くんに将来の大物感を見いだす。にしても、弥太郎を追って全員で綱渡っちゃってた根来の5人のカットが間抜けててワロタ。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

デジタルでの漫画制作の先駆者の一人。伝奇小説的な作風が特徴。近年では山田風太郎作品のコミカライズを多く手がけている。
1997年に『コミックモーニングオープン増刊』に掲載の『千魔物語り』でデビュー。以来、『ヤングマガジンアッパーズ』や『週刊ヤングマガジン』などの雑誌で作品を掲載している。『バジリスク ~甲賀忍法帖~』で第28回講談社漫画賞(一般部門)を受賞。
代表作:『Y十M ~柳生忍法帖~』(原作:山田風太郎)『山風短』(原作:山田風太郎)他。
現在『月刊ヤングマガジン』『十~忍法魔界転生~』(原作:山田風太郎)を連載中。

「2015年 『新装版 鬼斬り十蔵(4)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

せがわまさきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×