本屋の新井 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.33
  • (2)
  • (17)
  • (29)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 308
感想 : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065249703

作品紹介・あらすじ

『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』(秀和システム)が大好評の型破り書店員・新井見枝香による”本屋にまつわる”エッセイ集! 装幀、カバーイラスト、挿絵は寄藤文平!


本は日用品。だから毎日売ってます――。
ときに芥川賞・直木賞よりも売れる「新井賞」の設立者。『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』(秀和システム)も大好評の型破り書店員・新井見枝香による”本屋にまつわる”エッセイ集!
装幀、カバーイラスト、挿絵は寄藤文平!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 横書きの文庫本は珍しいですね。
    「見た目は大人、頭脳は子供、その名は書店員アライ!」という少しヤンチャっぽい方の本に関わるエッセイです。

    手さげ紙袋の話題が出てきました。
    気にしたことはなかったけれど、原価が結構するので儲けを圧迫するらしいです。
    書店はいつまで、無料で紙袋を提供できるだろうかと心配されていましたが、2022年現在は既に無料ではなくなっちゃいましたね。

    先日3冊まとめて本を買って、レジで鞄の奥にあるはずのエコバックをさがしていたら、5000円以上の購入なので手さげ紙袋が無料になると言われ、入れて貰った。
    いつもは、本カバーも手さげのビニール袋もいらないと言って、鞄の中に本をはだかで放り込むので断ってもよかった。
    なるほど本は何冊かまとまると重いし、多少の雨にぬれても破けないように、本屋の手さげ紙袋は丈夫に作られているのを再確認しました。

    「私は本が好き」と思うとき、その中に「本が好きな私が好き」という気持ちも含まれている、という感覚は自分も持っています。

    あと「本はあなただけに書かれたわけではないが、あなたが読むのなら、あなたのために書かれているのである。」も同感です。

  • 祝文庫化!

    【新文化】 - 連載 第56回 - 本屋の新井です
    https://www.shinbunka.co.jp/rensai/honyanoarai/honyanoarai56.htm

    『本屋の新井』(新井 見枝香):講談社文庫|講談社BOOK倶楽部
    https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000355023

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      カリスマ書店員・ストリッパー/新井見枝香インタビュー~“性欲の対象”に憧れて…
      https://weekly-jitsuwa.jp/arch...
      カリスマ書店員・ストリッパー/新井見枝香インタビュー~“性欲の対象”に憧れて…
      https://weekly-jitsuwa.jp/archives/52191

      【新文化】 - 連載 第68回 - 本屋の新井です
      https://www.shinbunka.co.jp/rensai/honyanoarai/honyanoarai68.htm
      2022/03/14
  • まさかの横書き!
    自身の日常に絡めてさりげなく紹介される本と書店員としての仕事。あくまでもさりげなく。
    文中のイラストや手書きコメントは黒一色なのに味わい深く素敵です。

  • 新井さんとは一回だけ仕事でお会いすることがあったが、サバサバした印象の女性でこのエッセイから感じられる人物像に近かった。
    そもそも「新文化」という業界紙で読んでいたが改めて読みたくなって購入。
    まとめて読んでみると、その文章力(特に構成力)に驚く。とにかくまぁ面白いんだ。いろんな出来事に遭遇してるし、その遭遇したエピソードをうまく文章にしてるし、さらにさりげなく本の宣伝もしてしまうんだからもう脱帽しかない。
    しかも、この本には収載されていないが行動力もすごい。そのエピソードを初めて読んだときは呆然としてしまった。
    それでいて、意外と女子なところも微笑ましい。エッセイ読んで初めて思ったことだが、彼女が幸せな日々を送れたらいいなと願う。まずあなたな!と言われてしまいそうだけど。

  • 寝る前にちょっとずつ読んだ。一つ一つのエッセイが短いのでちょうど良かった。

  • 20220313読了。
    20220120にHMV&BOOKS HIBIYA COTTAGEにて購入。

  • p.2021/9/30

  • ・何この人たち…怖い…と思うほど、文章力がある。書店員ってちょっとした異能集団か。

    ・売れないのは誰のせいだ。売れる本が書けない作家か?売れている本を切らす出版社か?
    書店は精一杯売れる売り場を作っているのにって?いやいや案外、暗い顔した自分のせいかもしれないぞ?嘘でもいいから笑え。本が売れないと嘆く前に。

  • 三省堂書店(いまはHMV&BOOKSだそう)のカリスマ書店員新井さんによる、本と本屋にまつわるエッセイ。本ラブ書店員ラブの熱量を抑制し、淡々と綴られるおかしみのある本屋の日々。こじらせ女子かつ書店員の書く文章がおもしろくないわけがない。

    「本が好き」という気持ちのうちの何%かは、「本が好きな私が好き」という気持ちである、ということだ。に共感。私にも「電車でスマホではなく文庫本をひらく私」に酔っている瞬間がたぶんある。そしてそれに気づいていたたまれなくなる。
    本の利益の話を読むと、本屋の雑貨コーナーが広がる理由や、書店員さんがいつもバタバタと忙しそうな理由がわかる。新井さんが楽しく書店員を続けられますように、書店員さんにたくさんの給料が払われますように。私にはささやかに本を買うことしかできないけれど。

  • 〝結局は自分の中にある点が本を選ぶ〟
    いい言葉だなぁ。

    俺が感想やInstagramの投稿に「オススメです!」や「絶対読んでみて!」みたいなことを書かないポリシーを端的に言葉してくれてた。

    読書において、本との政略結婚は推奨したくないよね。
    やっぱり恋愛結婚の方が、自分らしく幸せなイメージがある。

    だからこそ、〝KAZUKIの投稿を見て、読みたくなって買いました〟って自発的に言ってくれるのが嬉しい。

    嬉しいことは自分から。
    まずは、自分が誰かにする必要があるね。

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1980年東京都生まれ。書店員・エッセイスト・踊り子。文芸書担当が長く、作家を招いて自らが聞き手を務めるイベントを多数開催。ときに芥川賞・直木賞より売れることもある「新井賞」の創設者。「小説現代」「新文化」「本がひらく」「朝日新聞」でエッセイ、書評を連載し、テレビやラジオにも数多く出演している。最新刊は『この世界は思ってたほどうまくいかないみたいだ』。

「2021年 『本屋の新井』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新井見枝香の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
凪良 ゆう
宇佐見りん
ヨシタケシンスケ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×