ハイキュー!! 42 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.53
  • (66)
  • (24)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 764
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088822280

作品紹介・あらすじ

体調不良で日向がコートを離れ、烏野高校排球部は主力を欠いたまま鴎台との決着へと臨む――…! 途方もない悔しさと共に中継画面越しのコートをみつめて、日向はそこに何を見出すのか…春高バレー編完結!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 体調不良で試合から離れた日向への研磨の「ともだちを励ましにきた」と言う台詞で泣きそうになり、試合後の烏野メンバーのアザラシやらあれこれでさらに泣きそうになったら話が一気に進んで予想もしていなかった展開で涙が引っ込みました。
    日向と大王様って!すごいコンビ!

    もう色々とあってとりあえず評価の星の欄が5個だけでは足りないです。

  • ハイキューのすごさ、とどまるところを知らない。
    前半はほぼ泣いていて後半…後半…!!!! 生きてる………(大の字)

  • 星5じゃ足りない、100くらいにして。
    友達を励ましにきた研磨も、泣くのは私じゃないと堪えるやっちゃんも、無敵な田中さんも、丁寧なツッキーも、もっとこの烏野で上に行きたかった影山も、それを聞けただけでここに来た価値があると言ったスガさんも、もう書き切れないくらい全部全部が。
    からの衝撃の数年後で、とりあえず山口が1番で泣いた。あと鷲匠監督…!
    単行本派で、本誌で最終章突入って知ったときは本当に絶望したけど、今はめっちゃわくわくしてる。
    だって言うなればオールスターゲームよ?影山と牛若がチームメイトよ?やばくない?日向及川コンビ思いの外相性良くない?
    描かれなかった数年間に想いを馳せて寝る。

  • 体調不良で日向がコートを離れ、烏野高校排球部は主力を欠いたまま鴎台との決着へと臨む──…! 途方もない悔しさと共に中継画面越しのコートをみつめて、日向はそこに何を見出すのか…春高バレー編完結!!(Amazon紹介より)

  • 負けた。
    でもそこで終わらなかった!!!!!
    海辺ザザンで黄昏て終わりじゃなかった!!!!!!
    古舘先生ありがとう!!!
    この続きが読めるなんて!!!
    誰も謝ってなくてよかった。
    二年、三年と、頂点は遠かった。
    山口がリーダーになっていた!!!
    そうか、その手があったか(笑)
    そして影山は牛若とチームメイトとか、何それ面白すぎる。
    でも、ほんとの面白さはそのあと。
    大王様とちびちゃんのコンビが見られるなんて!!
    鷲匠先生ありがとう!
    大王様の大王様感が復活してったり、ショーヨーは忍者としてビーチでも名高くなり。
    どこまでも成長し続ける根底にある、ちびちゃんの観察眼、怖いよね。
    ショーヨーの一番の武器はそれかもしれない。
    大王様は努力家タイプの秀才。天才にはかなわないのかもしれないけど、あがいてトップ目指す様がいとおしい。
    全員ぶっ倒す。
    その言葉が実現していくのをみたい!
    というか、世界相手に彼らが一チームになってぶつかっていくのが見たい!!

    ビーチバレーで修行ということは、また一山本番があるんですよね?
    あともう少しお付き合いをとか言ってないで、がっつり彼らの夢の続きが見たい!!!

  • うわーーーー!!!!!!好きーーーーー!!!!!!
    日向が外国で頑張っているところを見られると思っていなかったのでもう……すごく……胸が熱くなりました。
    彼らはちゃんと生きていて、高校を卒業してもまだまだ人生は続いているのだと。それを知れただけでも幸せなことなのに大王さまとの夢のタッグ!!!!勘弁してくれよ!!!最高!!!!
    最新刊が待ち遠しい~~~~~!!!!!日向がおじいちゃんになるまで連載してほしい。
    大好きな鍛治くんも出てきてとっても幸せな巻でした。

  • いきなりの展開に心が追い付かない!!
    寂しいのに寂しさを感じる暇もないくらいで。ショーヨーはどんどん前へ進んでいくなぁ。
    及川さんの再登場は意外すぎてびっくりした。忘れられてるかと思ってた!
    でも大王様が大王様で安心した。
    鷲匠さんの秘めた情熱かっけーなー

  • う、嘘やろ・・・
    そんな展開になるなんて・・・

    マジで衝撃。

    前半はやっぱり泣きますよ。
    教員って仕事してたら、ますます泣きますよ。
    武田先生の立場・気持ちも分かるもの。
    でも、後半で速攻、涙止まりました。
    そして、ワクワクが止まりません。
    漫画を読みながら、ここまで衝撃受けたの初めてかも。
    どうなるの、どうなるの???

  • 「春高バレー編完結!!」の情報なしで読みたかった!

  • 号泣しながら読了。

    菅原さんの「お前からそれを聞けただけでここに来た意味がある」は屈指の名シーンだと思います…飛雄ホント良い先輩に巡り会えて良かったなぁ…!! 一緒に勝ちたかったと思えるチームに出会えて良かった。何回読んでも泣ける…!

    それと、武田先生のお言葉
    「負けは今の力の認識であっても弱さの証明ではない」
    これはスポーツをする全ての人に捧げたい言葉ですね。
    『ハイキュー!!』マジで名言の宝庫…

    そしてなんと言ってもシュヴァイデンアドラーズですよ。
    牛島さんと飛雄のコンビネーション早く見たいじゃないですか。早く。ホント早く。

全33件中 1 - 10件を表示

古舘春一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ハイキュー!! 42 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×