ひらがなでよめばわかる日本語のふしぎ

著者 :
  • 小学館
3.61
  • (5)
  • (2)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093874526

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2013年に、中西進さんの文化勲章受賞がニュースになり、万葉集をなつかしく思った
    黒田夏子さんの『abさんご』は未読なのだけれど、ひらがなの文章が話題になったのも気になっていた
    言語系の本を何か読みたくて図書館で目にして、読みやすそうだったので借りた

    国文学者(古代文学)の著者による、日本語とことばに関する本
    日常的に使うことばを例に、それぞれのことばを漢字から解放してひらがなで見つめて、語源の共通性から日本語の魅力を紹介している

    「日本語って、おもしろい!」、「ことばの成立って万国共通なのかも」、と思わせてくれる興味をそそる本だ
    私も柳田国男が言っていた「どんな字病」だ
    実は私も、ひらがなやカタカナよりも、漢字が万能だと思っていたのかもしれない
    ひらがなやカタカナは漢字からうまれたけれど、それは表記法の問題であり、古来からのやまとことばが漢語に浸食されたのではないのだな、と感じた
    確かに、ひらがなにしてみると、しっくりくるものごとが多く、あたまがやわらかくなっていく気がした
    私は、自分が、普段意識していないものごとの本質について考えされてくれる本が好きなんだな、ということにも気づけた

  • もうちょっとつっこんだ内容を期待してたけど、やまとことばの神秘というか、言霊を感じることはできました。

  • 同音異義の言葉をリンクさせて、単語や故事の成り立ちを説明。一文字の仮名にも意味があることや古事記からくる言葉の歴史など、脈々と受け継がれる日本語に唸ることしきり。このページ数だけでも本の初歩とさえ思うくらい、奥が深い。もっと知りたいと探究心が起こる本。

  • 興味深い内容でしたが、「なるほど」と思うことと「そこからその展開?」と思うことが半々くらいで混じっています。
    他の人が書いた日本語に関する本も読んでみたいな、と思うきっかけになりました。

  • 読めば読むほど、柔和な「ひらがなことば」が心に沁みる。
    「みみ」は「み(実)」の意であり、二つあるからそのまま「みみ」、
    なるほど。

    古に生きた人々の考え方そのものをあらわす、やまとことば。
    それはとてもシンプルで、だからこそ物事の本質をあらわしている。
    むかしのひとたちは、素直な感性で得たものを遺してくれた。

    民俗学者の柳田国男は「どんな字を書くの」と尋ねることを「どんな字病」と名づけ警告したそうな。
    漢字は字を見ただけで状況説明をするテレビ的言語と学んだ。
    けれどそれは、物事の本質を理解する際にはミスリードとなりかねない。

  • 言葉のルーツがわかります。ただここに書かれる仏教観は「?」です。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

中西進(京都市立芸術大学名誉教授)

「2013年 『生誕100年佐藤太清展』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中西進の作品

ツイートする