愛より速く (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
2.94
  • (19)
  • (35)
  • (244)
  • (42)
  • (27)
本棚登録 : 651
レビュー : 103
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101495132

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 月刊宝島に連載された性の自叙伝、著者は今春大学生。
    衝撃的な内容から始まるが、回を(ページを)追うごとに物語性が出てくるようだ。

  • <目次>
    夢の底から
    スピード・オブ・ライフ
    中学生に気をつけろ
    愛の感触・純情編
    ウェイトレスはつらいぜ
    恋がしたいの
    セコイ男に罠を張れ!
    女子中学生、妊娠九カ月
    雨宿り
    処女を装うとき
    追い詰めて、犯して
    一五歳で輪姦されて
    花咲け!女子中学生
    美人喫茶のくそったれ地獄
    売春、私の場合
    童貞男に手を出すな
    オナニーの秘儀
    電気椅子パーティーの夜
    中年男にお別れを
    解説 植島啓司


    2016.07.10 読書開始
    2016.07.17 読了

  • 雨宮まみ「女子をこじらせて」、つながり。こんなんされたらかなわんわ、両手を挙げて降参という、力強さ、しなやかさ。様々なケーススタディーに驚きつつ、感心しつつ、刺さって来たり。

  • 愛せる人になりたい

  • 当時23歳の女子大生の性生活を赤裸々に語った自叙伝。間違いなくこれは18禁。

    「オエー!ゲホッ、エゲッゲェー。胸がむかつくぜ、女房子供つきのオジンなんか本気で遊んでやるはずがないだろが。」の一文に不覚にも笑ってしまった


    こんな人生もあるんだなぁとただただ驚くばかり。

  • 全くエロくない!!

    でも現実って客観的に見るとこうかも!?

    純粋な中高生が読んだら鵜呑みにしないか心配(笑)

    大学生はこんな人ばかりではないよ。たぶん。

  • 今思えば変だけど、中学の時は図書室の本ひとつひとつにぎもんをもたず、当然にすべて読んじゃってた。この本も。これが大人の世界じゃ普通なんだなーって

    そのときから、何を読んでも言われても、反応がうすいひとになったかんじ。驚くとか拒否するとかの機能がOFFな変なやつになってしまったかも

  • 高校生の頃、雑誌『宝島』は音楽好きの間では、大抵、誰もが読んでいた。RCの宣伝紙のようにも思えたが、インディーズの情報誌でもあった。250円とか300円だった筈だ。

    音楽情報が溢れる中、『愛より速く』が連載されていた。どんな風に読めば良いか分からず、誰も斉藤綾子について話す者はいなかっった。

    改めて、35年振りに読み返すと、橋本治と似ているように感じる。あまりにも秘めているものが熱いので、その温度差から、醒めた諦念のようなものが似ているように思うのだ。

    僕は、この本で予習していたから、松浦理英子を違和感を覚えずに読めた。

  • 我が家の積読本を1冊消化しました。感想といっても何を書けばよいのやら^^;; いろいろな意味で突き抜けてるなぁという感じかしら…。

  • この本、高校生の時に自分で買って読んだんだけど、
    よくある夏休みにこれを読もう!っていう100冊くらいおすすめ本載せた小冊子に多分載ってたんだよね、
    表紙が安野モヨコやし、なんかワクワクして読んだんだけど、
    とんでもない、こんなん高校生が読むものじゃなかったw
    言ったら申し訳ないけどすごく品のないお話ですよね。
    でもこんだけはっきり書かれたら、逆にすがすがしいとも思えてくる。

    なにが面白いかって言うと、
    その後、友達がこの本をプレゼントしてくれたw
    あたしにぴったりやと思って!って買ってくれたらしいけど、
    今でも家に同じ本が2冊ありますw

全103件中 1 - 10件を表示

愛より速く (新潮文庫)のその他の作品

愛より速く (新潮文庫) Kindle版 愛より速く (新潮文庫) 斎藤綾子

斎藤綾子の作品

愛より速く (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする