幸せな裏方

著者 :
  • 新潮社
3.33
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103508816

作品紹介・あらすじ

「面白い」にはウラがある!! 手塚治虫、星新一、大瀧詠一、松田聖子、伊集院光、デーモン閣下、オードリー……。ラジオ番組の放送作家をはじめ、作家、作詞家として時代を彩る著名人と仕事を重ねてきた著者が綴る、興奮の舞台裏。ヒットを出してもなぜか儲からないけれど、一番うしろにいるからこそ、すべてが見える! 思わずニヤリのエッセイ集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • はじめにの所で「ラジオで働いてるといろんな話が飛び交う。けれどもこの本では自分が体験した直接見聞きした事柄だけを取りあげよう」という意味の事が書いてあり、一気に信用がおけた。
    アイデア一発!たぶん何かを閃いて何とか形にしようとしたり、それを一緒に(番組の為だったり)あーでもないこーでもないと話しているのが楽しい人なんだろう。
    大瀧さんと直接触れ合った中でのエピソードも良かった。
    全体に楽しかった経験をお裾分けしていただいたような気分になる本だった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

山口県出身。第一回「星新一ショートショートコンテスト」入選を機に作家となり、その後、脚本家・放送作家としての活動に入る。歴史関係の著書も多く、本書の旧版である『歴史Web』(日本文芸社)や、『「超』日本史』(扶桑社)、『笑ふ戦国史』(芸文社)、『1時間でパッとわかる なるほど現代世界史』(静山社)、『日本人はなぜ破局への道をたどるのか?』(ワニブックス)などがある。小説では、『ラジオな日々』(小学館)、『笑う20世紀』(実業之日本社)など。近著は『あなたに似た街』(小学館)。

「2016年 『【悲報】本能寺で何かあったらしい……光秀ブログ炎上中! 歴史Web2.0』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤井青銅の作品

ツイートする
×