悪口の技術

  • 新潮社
3.25
  • (1)
  • (4)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :40
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103812142

作品紹介・あらすじ

磨け!男の罵詈雑言。ライバルに、正しく「バカ」と言い返す術教えます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 優れた悪口は良い批評。
    独特の口調で好き嫌いもあるだろうけど、そうだよねっと納得してしまうような悪口を言えるのはさすが。

  • 2001年から2002年に連載されていたものを2003年に単行本化したもの。

    それなりにおもしろいんだけど,題材となっている時事問題が古く,今とくらべるとのどかな感じもするので,「そんなにつっこまなくても」という気になってしまう。

  • 悪口が言えなければ外交は出来ないというのは頷けます。中国外務省のきれいな(気は強そうだけど)女性報道官の記者会見と、我が大臣達の記者会見は雲泥の差がありますよね。マキアヴェッリの君主論をベースに言及されていますが、結果が全てなんだから。

  • 対談集の続きのような本。筆者の独自の視点が面白い。と同時に、「躾の厳しい家庭できちっと厳しく育てられたからこそ、世間の常識以上のギャグを編み出せた」とか、生き方に尊敬する師(のそう言う部分)をちゃんと自ら見出して尊敬し続けているところなど、やはりその辺のぽっと出の芸人とは違うな、と強く感じる。自分もそういう視点や考え方を持たなきゃね。

  • 毒づいてるねw
    しかし言ってることがしっかりしちゃってるから妙に納得できる

  • 20070125
    ほとんど読んだけど途中。いいことがいっぱい書いてある。かなりまともな人間なんだなあ。たけしさんは。

  • ビートたけしの言葉を聞いていると、この人って本当に頭がいいんだなあと思います。

全9件中 1 - 9件を表示

悪口の技術のその他の作品

悪口の技術 (新潮文庫) 文庫 悪口の技術 (新潮文庫) ビートたけし
悪口の技術(新潮文庫) Kindle版 悪口の技術(新潮文庫) ビートたけし

ビートたけしの作品

悪口の技術はこんな本です

ツイートする