傷―慶次郎縁側日記

著者 :
  • 新潮社
3.35
  • (3)
  • (1)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103892045

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久々にハマるシリーズの予感!

    宇江佐真理といい、高田郁といい、女流作家が好きなのかな?
    でも平岩弓枝はそうでもないな~。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「久々にハマるシリーズの予感!」
      残念なコトに作者の北原亞以子は亡くなりましたね、、、
      この時代劇は昔NHKでドラマ化されてました。ちゃんと...
      「久々にハマるシリーズの予感!」
      残念なコトに作者の北原亞以子は亡くなりましたね、、、
      この時代劇は昔NHKでドラマ化されてました。ちゃんと見てないのですが、石橋蓮司や奥田瑛二が良い味出してました。
      2013/04/04
  • 慶次郎縁側日記シリーズ。以前、ドラマで見かけたことがあったので、図書館で借りてみた。登場人物はほぼ同じ、短編集のようなもの。

  • 人を咎人にさせないように思案する仏の慶次郎の娘、三千代の自害から物語が始まる。辰吉、吉次、晃之助といった取り巻きが江戸を東奔西走する。

  • 今一番大好きな時代劇&時代小説。
    ストーリーがいい。登場人物が立ってる。
    そして、なにが好きかと言えば、北原先生のあの「物語の切り方」
    『えっえっ、どうなるんだろう!?』というところで、ふっと物語が終わる感覚が、たまらなく心に残る。
    物語が終わったからといって、しかし日々の生活が終わる訳ではない。悩みがなくなる訳でもない。「それでも人間はどうしようもなく生きていく」
    たまらないです。本当……。

    第一話はとてもつらい話ですけれど、あれを読んでこその物語の深みだろうから、何巻の、どの話から読んでもいいけれど、とにかく第一話だけは最初に読むべし。

  • 森口庆次郎和那个周边的人们的人情话。

全5件中 1 - 5件を表示

北原亞以子の作品

ツイートする