日本人の老後 (新潮選書)

著者 :
  • 新潮社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106035777

作品紹介・あらすじ

かつて先人たちは「老い」をいかに受け入れ、余生をどのように過ごしてきたのか-?経験と知恵を伝え、尊厳を保っていた昔日の隠居制から、年金制度崩壊や熟年離婚激増など不安多き現代社会まで…時代ごとに、高齢者の姿と余生のあり方の変遷に光を当て、考察した画期的な一冊。先人たちの生き様に、未来のあなたの姿が見えてくる…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 定年後の人間が何かするなら、
    「老人になるための準備」を組み込んでおくべし。
    計画を建てても健康問題などうまくいかないが、
    それだからこそあらかじめの計画が必要。
    寿命が延びるということは老人でいる期間が長くなるということなのだ。

    老人は家族が支えるという美意識が、
    社会制度の不整備の言い訳にされてはいけない。

    予防の観点からは、
    行政やボランティア団体などが主催する健康講座をうけておくべき。
    問題が起きたときはどこにどのように相談すればいいのかを事前に調べておくべし。

    子どもは親はいつまでも元気と思っている。
    頼りになると思っているが、現実は先に老人になり先に死ぬ。

  • どんなキレイごとを言っても老いは哀しい。しかし誰でもいつかは老いへの覚悟をしなくてはならない。生産をしない老人は社会のお荷物なのか?豊かな高齢社会とは老人たちが大切にしてきたさまざまな事象を次世代が継承し、生活に役立てていく社会だろうと著者は言う。お金で取引する関係ではなく敬意と感謝が世代間で感じあえる社会は理想にすぎる。自分らしい人生を過したいとの望みも最後には経済力がものを言う。辛い時代であり社会だ。日本人の老後に楽観はどこにもない。自己責任はどこまでも付いてくる。経済力のない老人はカス以下、消費でしか存在価値のない老人。読後感は絶望に襲われますが、理想を忘れず達観するしかないようです。

全3件中 1 - 3件を表示

長山靖生の作品

日本人の老後 (新潮選書)を本棚に登録しているひと

ツイートする