ミストクローク ―霧の羽衣― 1 新たな救い手 (ハヤカワ文庫 FT サ 1-9)

制作 : 竹井  金子 司 
  • 早川書房
4.00
  • (12)
  • (19)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 131
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (479ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150205218

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 広げた風呂敷を畳むことになったらしい、第3部開幕。
    キャラクターも、舞台も大きく広がった分、物語に乗るのにちょっと時間がかかってしまった。
    霧の帝国の舞台装置も、伝金術の設定も変わらずに魅力的。絶え間なく灰が降り続く世界なんて、どんだけうっとおしいか……
    ヴィンが動くと、物語も動く。2巻目に期待しよう。

    ミストボーンシリーズはアニメで見てみたい。実写や3Dじゃなくて、できればセル画で。なんでだと、聞かれても説明しにくいけど、3Dよりもっと大胆な表現で、霧の落とし子の戦闘シーンがみたいのかもしれないな。

  • 最終章の第一巻。前章でやばそうなものを開放してしまったヴィン。それに伴って世界にどういう変化が起きているのか、その中で一味がどうやって自分の戦いをしているのか、という巻。
    前巻までとの立場の違いが大きいのが、スプーク。錫の目でしかなかった彼の心境の変化による、行動にも変化が出ている。今までほとんどフォーカスされていなかった、スプークにフォーカスがあたっているのが面白い。

  • 良かったけど、この巻は話の進みが遅かったかな( ´ ∀ ` ) 前半は読むのに結構時間がかかった。
    ミストクローク1では前回の話から一年後のみんなの様子や、帝国中の状況が分かります。新たに“血金術”というものが出てきたり、え!?っていうことが起こったりで、また面白くなりそう

  • 陰鬱すぎてこれ単品で読むとつらいものがあるような。
    ミストスピリットでの打撃、そして世界の破滅が近さが登場人物のほとんどに暗いかげを落としている模様。
    そんななかあんまりかわらないヴィンがもの凄く明るく見えるというのが驚き。
    2巻以降どう話が動いていくかが楽しみなところ。

  •  ミストクローク3冊、まとめて読み終わりました。これでミストボーンから始まった全9冊、読了です。読み終わった……終わってしまった……。
     広げた風呂敷がきれいに畳まれていくのはいいのですが、こう畳むのか! こういう結末になるのかーーーーーっ! って感じでした。

     話の構成はとってもうまい。一度出した情報を「偽りでした」というネタでひっくり返すのは好みとしては好きではないのですが、好みを考慮に含めないのであれば、この展開はとても魅力的です。かちっかちっとはまっていきます。ここがこーなって、あれはこういう理由かー、みたいな。
     ちょっと終盤は情報量が怒濤な印象で、もっと早くから散らばせといてほしいなーと思う情報もありますが、多分これは好みの範疇なのでしょう。
     ファクターいっぱい、伏線いっぱい、それらがきれいにはまってまとまって畳まれていくのはそれだけで快感要素なので、それは良いのです……が。が。が。

     伏線まいて、設定たたんで、きれいなオチをつけられることで満足するには、私は登場人物たちに思い入れを持ちすぎているというか。
     多少内容をまるめてもいいから、アバウトなところがあってもご都合でもいいから、もっとみんな幸せに……よかったねーよかったねーで済ませることができる展開が欲しかったんだ……!
     いや、この話をアバウトに進められると作品としての魅力が半減するのはわかるのですが、それでもやっぱりヴィンにもエレンドにもハッピーが欲しかったのですよ……!

     あ、セイズドはあれでいいです。というかだいたい予想以上気味の予想通りだったので満足です。
     けど主役2人に関しては……グッドエンドも貴重だが、どっかで分岐はないですか。彼らがハッピーになれるエンドも用意してはいただけまいかブランドン・ サンダースンさんっ

     ヴィンに関しては漠然とイメージしていた予想に到達したと思ったら閾値を超えてびっくり展開にまで行っちゃったよ……! 神の能力に関する解釈は斬新でした。使い切れない能力ってああなるのか。あれはTRPGの世界設定を作る上でこのうえなく興味深い展開だった。
     そしてエレンドは……エレンドは……ううううううううううう。

     いろいろ思うところはありますが、結末まで読めて楽しゅうございました。続きが出ても……彼らはいないんだなぁ……(←往生際が悪い

     ……あ、あと、ケルシャーはあそこまで特別扱いせんでもなーと思う。作者が好きなんでしょうけれど。死んだヒトは死んだままでいいです。うん。

  • 2011年7月23日読了。

    シリーズの最終章の開幕。
    1巻は、まぁまだイントロダクションって感じで、それぞれの登場人物が今どこで何して何を考えてるかの紹介がメインでしたね。

    でも、謎が謎を呼ぶいつもの展開に変わりなく…ぐいぐい引き込んでくれました。
    さて、いつものように読者をびっくりさせてくれる展開が待ってるんだろうなぁ。楽しみ。

  • 新生児がいるのに1日で読了...先が気になって置けない本でした。最初の3巻を読んでいないのですが、これまでのあらすじで話に入っていけました。少しえぐい表現もあるので★5にはしませんが、ファンタジー好きに一押し。

  • このシリーズは読むのが楽しみです。
    スプークがとんでもないことになりそうで心配。
    謎がすべて解き明かされるのを期待。
    早く続きを読みたい。

  • 2010/09/28購入

全11件中 1 - 10件を表示

ブランドン・サンダースンの作品

ミストクローク ―霧の羽衣― 1 新たな救い手 (ハヤカワ文庫 FT サ 1-9)を本棚に登録しているひと

ツイートする