天冥の標Ⅹ 青葉よ、豊かなれ PART2 (ハヤカワ文庫JA)

著者 :
  • 早川書房
4.21
  • (16)
  • (14)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 126
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150313593

作品紹介・あらすじ

セレスの向かう状況が風雲急を告げるなか、MMS、《救世群》、2PAの連合軍は、ミヒル討伐のためドロテアへと進攻するが――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この巻も前巻同様に中編で構成されているけど、前巻とはうって変わって時間軸に沿った流れとなっている。ただ、舞台は多岐にわたり同時並行的に物語が進んでいく。
    内容的には、数巻にわたり貫かれた大きな物語に決着がつく場面もあり、解決策には若干の寂寥感を感じたりした。個人的には破壊ではなく、和解であって欲しかったというか。
    また、物語全体に脈々と流れているテーマについては決着はつかず、次巻に持ち越し。テーマの解決策も提示されたけど、「ここで数巻前の、あのテーマを持ってくるのか」とちょっとビックリした。もっと科学的な解決方法だと思っていたので。まぁ、これもこの物語っぽくてありだよな、とも思ったりもした。
    なんにせよ泣いても笑っても残り1巻。どのように物語が畳まれるのかを楽しみに待ちたい。

  • すべての元凶である病気の正体判明とか対応策判明とか
    一気に話がクライマックスへ。
    逃げた敵の首魁も結局はより大きな「敵」の操り人形に
    なっていて、というのが少しもの悲しかった。
    あれほどの、人類をほぼ殲滅したほどの巨大な敵だったはずなのに。

    カルミアンだけは違和感。初期に思った芋虫型エイリアンのイメ―ジがぬぐえなくて。

  • 10:

  • 3月4日読了。図書館。

  • 3巻揃って購入したので、週末に一気に読んでやる、
    と思っていたのだけど、惰眠を貪ってしまったせいで時間切れ。
    本日、途中だった2巻を読了。

    これが、「途中」であったなら、ここで終わっていたんだろう。
    つまり、これまでの「天冥の標」のクライマックス級の終わり方。
    でも、これは最終シリーズの中巻。
    まだ、もう1巻、残っている。

    さあ、この壮大な物語に、どのようなピリオドが打たれるか。
    読むのが楽しみであり、読み終わってしまうのが勿体なくもあり。

  • PART1を読んだあと全巻読み直してからPART2に手を付けようと思っていたのに、我慢できず読んじまった。
    この長い長い物語が終わってしまうと思うと寂しいけど、早く続きを読みたくてたまらない気持ちもあり。ああ、なんと幸せな悩みであろうか。

  • あの辺だかその辺で出ていたヤツかぁ~ってのが思い出せてきたけど、さてさて、どう終わらせるのかな?

  • やはりこのシリーズを読んでいると80年代のOVAを思い出す。そんな懐かしい気持ちにさせてくれる小説ですね。

    「利己的な遺伝子」を最近読んだこともあり、ミスチフの意図することがよく分かった。

  • う~ん。とっ散らかってきたというか、都合よくアイテム出したり背景設定したりで正直大半が面白くないです。SFっぽいところの謎解きや解決があっても良さそうなのだけど風呂敷広げすぎましたかねぇ。
    次巻、おそらく最終巻できれいに話をまとめてほしいと思います。

  • この長大な小説は「人間とは何か」を問うてきたんだと思っていたけど…そんな些細なことではなく、「生物とは何か。なぜそれが寿がれるべきか」だったのね!
    物語はスペオペすら越えて、数多の形態をとる生命に満ちた宇宙樹のリングとか出てきて、ああもう『エンディミオン』のアウスター・バイオスフィアを思い出し、ロールが恋しくなるのですが、なんとなく収束が見えてきた…かも。
    「今このようにあるのが当然だと思っていれば、かけらも気づくことができないが、このようになることができた、なってしまった何億年もの営みは、気が遠くなるほど貴重なものだった。その奇跡を表しているから、生き物が素晴らしいと言うんだな」
    だから、人も猫も樹もバクテリアも、また生きる努力をするアンドロイドもロボットもみんな生き物だ。
    いまこの狭い現代で暮らしている私の限定的な人生すら寿ぐべきものと気づかせてくれたこと、またこの素晴らしい旅に連れ出してくれたことを、作者の小川一水さんに感謝します。
    星5つじゃないのは、今つけると、次の最終巻を評価しようがなくなるからですw
    青葉よ、豊かなれ。青葉さん出るのかなー。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

小川 一水(おがわ いっすい)
1975年生まれ。岐阜県出身。男性。1993年、17歳で応募した第3回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞に、「リトルスター」で佳作入選。1997年、『まずは一報ポプラパレスより』で作家デビュー。
2004年、 『第六大陸』で第35回星雲賞日本長編部門を受賞。2006年、 『老ヴォールの惑星』に収録されている「漂った男」で第37回星雲賞日本短編部門を受賞。 『老ヴォールの惑星』は「このSFが読みたい!」ベストSF2005国内編で1位にも選ばれた。2011年、「アリスマ王の愛した魔物」で第42回星雲賞日本短編部門を受賞。2014年に『コロロギ岳から木星トロヤへ』で第45回星雲賞・日本長編部門賞を受賞。

天冥の標Ⅹ 青葉よ、豊かなれ PART2 (ハヤカワ文庫JA)のその他の作品

小川一水の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
ピエール ルメー...
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

天冥の標Ⅹ 青葉よ、豊かなれ PART2 (ハヤカワ文庫JA)を本棚に登録しているひと

ツイートする