IT(1) (文春文庫)

  • 文藝春秋
3.77
  • (98)
  • (67)
  • (120)
  • (17)
  • (5)
本棚登録 : 970
レビュー : 73
  • Amazon.co.jp ・本 (484ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167148072

作品紹介・あらすじ

少年の日に体験した恐怖の正体は。二十七年後、故郷の町でIT(それ)と対決する七人。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • あらすじから。
    閑静な田舎町デリーでは27年周期で必ず大きな災厄が起こっていました。その場に必ず居合わせていたのはピエロの姿をしたペニー・ワイズこと「It」。
    1958年、主人公の一人である11歳のビル・デンブロウは、ある日川遊びに出かけた弟のジョージを「It」に殺されてしまいます。さらにビルとその仲間たちの周囲で起きる奇妙な現象、少年少女たちの相次ぐ失踪。そう、彼らもまた災厄の真っただ中にいたのでした。
    時は流れて1985年、デリーで図書館司書の職に就いているのはかつてビルの仲間の一人だったマイク・ハンロン。彼はデリーに再び災厄が近づいていることを察知し、何かに導かれるようにかつての仲間たちへ電話をかけ始めます。しかし・・・

    時間がかかりましたがようやく読み終えました。
    一言でいうと傑作です。
    特に少年少女のパートが素晴らしく、色んなところで書かれていますがキングのもう一つの『スタンドバイミー』といっていいでしょう。
    実は読んでいて細かいところで色々と思うところもあったりしたのですが(ITとの最後の対決シーンの盛り上げ方とか、さらりと出ただけの脇役の扱いとか)、全体的なスケールの大きさとキングの神がかり的なストーリーテラーっぷりを堪能すべき作品と考え、些細な点には目をつぶって読みました。
    全4巻、一見すると怯みそうなくらいのボリュームですが(しかも文字が小さめ)、この物語を表現するにはこれだけの分量は必要だったと思いますし、無駄なところはありません。ただ登場人物が非常に多いので、自分のように記憶に自信がない方は人物相関図を書きながら読んだほうがいいと思います。
    本作では1958年のパートと、それから27年後にあたる1985年のパートが交互に登場する構成になっています。映画では少年少女パートを第一部に、大人パートを第二部にして切り離しているようですが、時間軸を重ねることで壮大さと凄みがより増していると思うので、この点は小説版でしか味わえない醍醐味のひとつといえるでしょう。

  • 映画版の『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』を封切日に観に行きました。映画の上映中に停電という、ホラー顔負けの体験をしましたが(笑)、『スタンド・バイ・ミー』を思わせる良作。で、長年積んであった原作をようやく読み始める。

    映画版が子ども時代の話に特化しているのに対し、原作は大人になった彼らが昔を回想するつくり。話が行ったり来たりするうえに、住民フルネームで総出演みたいな感じだからややこしい。しかも映画版は切なくも幸せなエンディングだったのに、原作で大人になっている彼らが全然幸せそうじゃない(泣)。480頁超の1巻を読み終えても、映画の半分にもたどり着いとらん。2巻へ行くのはしばらくパス決定。

    私同様に原作にのめり込めなかった人は、公開中の映画版をご覧になることをお勧めします。

    若干余談ですが、P411に「じゃあ、アリゲーター」「またな、クロコダイル」という会話があります。これって何のこっちゃわからんことないですか。私は映画『ウィズ・ユー』(1997)で知りました。青年と少女が別れるときの挨拶が“See you later, alligator”。いわゆる韻を踏むというやつです。こう言われたら“In a while, crocodile”と答えるものだそうで。字幕は「さよなら、ワニさん」。いきなり「ワニさん」て言われても困るがな。日本語に訳すとすれば、「さよオナラ」ぐらいでどうでしょう(笑)。

    映画の感想はこちら→http://blog.goo.ne.jp/minoes3128/e/7b65a5338c706c46a3905fced1131512

  • キングと言えばホラーと、全部ホラーの棚に放り込んでしまったけれど、厳密に言うとホラーとは言いがたい作品もけっこう多い。この『It』も、最初と最後は正統派ホラーで怖いんだけど、途中のあたりはいつものキングの「ティーンエイジャーの青春小説」風な挿話が多くて、そこが楽しい。
    この『It』はアメリカではテレビドラマで映像化されていて、それもそれなりに楽しいのだけど、ドラマとして面白いのは圧倒的に主人公達の子ども時代だと思う。
    とにかく盛り込まれたプロットが物凄く多くて、文春文庫で4冊というボリュームだけれど、実際、普通の小説の4、5倍の物語が含まれていると思っていいくらい。
    この『It』以降のキング作品は、ちょっと私の好みからはずれていってしまうので、そういう意味でも惜別の感のある一冊でもある。それにしても、何度読み返しても面白いし怖い。

  • 4巻目でまとめて書きます。

  • いつかはキングを読まなくちゃと思いつつ未読のまま来てしまった。最近映画もやってたみたいだしと思って『IT』にチャレンジ。途中何度も挫折しそうになりながら一巻のラストまではなんとかたどり着けたけれど、そこまでで限界。怖くなるところまで到達できなかった。間延びしすぎていて冗長に感じる。これを突破できたらその先は面白いのかもなとは思いつつも、二巻には進めなかった。登場人物表があったらもう少し感情移入できたかな。それはそうと、排水管から行方不明の子どもの話し声が聞こえるのって、想像すると、手の施しようがなく何もできないにもかかわらず、それでも聞こえてしまうって状況で、これは怖いね。

  • アメリカで次々と子供たちの姿が消えていった。その原因である殺人ピエロ、ペニーワイズに7人の少年少女らが立ち向かう。予想のできない彼の行動に驚きの連続。映画化したこの小説は話題となった。

  • 映画は見ていないのですが、ペニーワイズが姿を変えて子どもたちを襲っていることに衝撃が走りました。もし親しい誰かに成り済まされたら? ゾッとせずにはいられません。ハラハラドキドキしながら、それでも楽しく読みました。続編も楽しみです!

  • ホラー小説だけど、描かれている少年少女たちの魅力のほうが印象に残る。キング作品は「11/22/63」しか読んだことなかったけど、あれもキャラクターや数十年前のアメリカのダイナーの食事とか、背景描写がとっても魅力的だったな。

  • 登場人物多すぎ、書き込みすぎ。リーダビリティは確かだが。

  • 面白い!映画公開前に読み終われるのだろうか。。。2巻へ!

全73件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1947年メイン州生まれ。高校教師、ボイラーマンといった仕事のかたわら、執筆を続ける。74年に「キャリー」でデビューし、好評を博した。その後、『呪われた町』『デッド・ゾーン』など、次々とベストセラーを叩き出し、「モダン・ホラーの帝王」と呼ばれる。代表作に『シャイニング』『IT』『グリーン・マイル』など。「ダーク・タワー」シリーズは、これまでのキング作品の登場人物が縦断して出てきたりと、著者の集大成といえる大作である。全米図書賞特別功労賞、O・ヘンリ賞、世界幻想文学大賞、ブラム・ストーカー賞など受賞多数。

「2017年 『ダークタワー VII 暗黒の塔 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スティーヴン・キングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン・キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン・キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン キ...
スティーヴン・キ...
スティーヴン キ...
有効な右矢印 無効な右矢印

IT(1) (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×