いやな感じ (文春文庫 (249‐2))

著者 :
  • 文藝春秋
3.71
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (578ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167249021

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かのドナルド・キーン氏は、若い頃胃腸の病気で英国の病院に入院してゐたことがあるさうです。病床のベッドで、ある日本の小説を夢中になつて読んでゐると、日本語は読めないものの直観的に患者に良くない書物だと見抜いた看護師が、そんな本よりこれを読めとしきりに推理小説を薦めたといふことです。
    以来こつそりと件の小説を読み、看護師が近付く気配がするとそれを隠し、つまらない推理小説を読むふりをしてゐたさうです。(ドナルド・キーン著『日本文学を読む』より)

    その日本の小説こそ、高見順『いやな感じ』でありました。なるほど、胃腸病を患ふ人には不向きな小説と申せませう。

    さて大谷崎に続いて、没後50年シリーズ第2弾(?)は高見順であります。
    ドナルド・キーン氏も夢中になつた『いやな感じ』。主人公は若きテロリストで根つからのアナーキスト、加柴四郎くん。彼の一人称語りで話は進みます。舞台は大正から昭和にかけて、思想的にも不穏分子がうようよとしてゐた時代。

    加柴くんは大杉栄の思想に共鳴してゐたが、甘粕事件で大杉は殺害されます。仇を討たんと三月事件を企てますが、これが事前に発覚。実行犯たちは失敗して死刑になるのですが、実は加柴くんはこの事件には参加できず、死に損なひます。その時の無念が彼をニヒリスティックに変へていきました......

    作者が「昭和を書く」と意気込んだ作品だけに、まことに迫力がありパワーに満ちてゐます。まるで往年の日活か東映の暗黒街映画を思はせるのです。仲間内の符牒がぽんぽん飛び出し、特に序盤は怒涛の勢ひであります。

    東京で人殺しをしてしまつた加柴くん。北海道は根室へ身を隠し、妻と、生まれたばかりの子供と安定した生活に、かういふ生活も良いと思ひ始めます。
    しかし加柴くんは仲間に誘はれるがままに、昔の世界へ戻つてゆくのでした。そして凄惨なラスト。まさしく『いやな感じ』の真骨頂であります。

    唾棄すべき嫌悪感、といふ程の事もなく、まさしく「いやな感じ」といふ表現がぴつたりの読後感。しかし小説としては真に面白い。
    心身が健やかな状態の時に読むとよろしからうと存じます。心がやられてゐる時に読んで、更に落ち込んでも責任はとれません。なんてね。

    http://genjigawa.blog.fc2.com/blog-entry-544.html

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1907年、福井県に生まれ、1965年、千葉県に没する。小説家、詩人。
本名、高間芳雄。
高校時代にダダイズムの影響を受け、東京帝国大学文学部時代にはプロレタリア文学運動に加わる。
1935年、『故旧忘れ得べき』で第1回芥川賞候補。1941年、陸軍報道班員としてビルマに徴用。戦後も、小説、エッセイ、詩とジャンルを問わず活躍した。
主な作品に、『如何なる星の下に』(人民社、1936)、『昭和文学盛衰史』(文藝春秋新社、1958)、『激流』(第一部、岩波書店、1963)をはじめ多数。
ほかに『高見順日記』(正続17巻)、『高見順全集』(全20巻)がある。

「2019年 『いやな感じ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いやな感じ (文春文庫 (249‐2))のその他の作品

いやな感じ 単行本 いやな感じ 高見順

高見順の作品

ツイートする