情報の呼吸法 (アイデアインク)

著者 :
  • 朝日出版社
3.48
  • (104)
  • (325)
  • (328)
  • (77)
  • (21)
本棚登録 : 2502
レビュー : 392
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784255006215

作品紹介・あらすじ

ツイッターの第一人者で「tsudaる」という流行語を生み、フォロワーは20万人弱、ソーシャルメディアの最前線を疾走するメディア・アクティビスト津田大介による、超情報時代を楽しむための情報の「吸い込み方と吐き出し方」。
フォロワーの増やし方から、信憑性のはかり方、アイデアを生む「連想ゲーム」術まで。発信しなければリターンはない。情報というガソリンを取り込んで、人を巻き込み、変化を引き起こすための行動型情報入門。「これからのアイデア」をコンパクトに提供する新シリーズ〈アイデアインク〉第1弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 呼吸方はインプット、アウトプット。アウトプットに重きを置いているように感じた。
    著者はツイッターの使用者としてキーパーソンのようだ(本書を読む限りでは)、そして、アウトプット、ツイッターへの書き込みは大切だという。情報は流れており、その中から、有効な情報を得る。人をチャンネルにして取り込む。チャンネル=キーパーソンである。情報を得るためには、情報発信が必要である。発信しなければ得るものが無い。著者は発信手段として「メルマガ」という携帯を選んだようだ。必要なのは、リアルな結び付きで、人と合うこと。ネットで情報送受は送金システムがしっかりしているか?

    目次から
    情報の受発信は「連想ゲーム」
    情報を「振り返る」というリテラシー
    古典を読んで情報の偏りを是正する
    1割のネガティブよりも9割のポジティブ
    パブリックとプライベートのバランス
    生煮え状態のアイデアをたくさん置いておく

  • 『情報の呼吸法』読みました。周りの人や友達に「消費税ってどう思う?」とか「待機児童って」とか言うと「真面目かよ!」って感じになって、しゅんとしていたけど、ソーシャルメディア使って、色んな人とつながれるといいかも、と思いました。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「しゅんとしていたけど」
      あらら、、、
      自分の興味あるコトを気軽に話せると良いですよね。。。。
      「しゅんとしていたけど」
      あらら、、、
      自分の興味あるコトを気軽に話せると良いですよね。。。。
      2012/09/11
  • 読み終わって、なんかすっきりした。表紙に書かれている「発信しなければ、得るものはない。」。そうだと思う。あとは、続けることだよね。発信も、フォローも。

  • Twitterでよく名前を見かけるので、一度その著作に触れてみたいと思っていた作者。たまたま入手したのが、面目躍如というか、もろ本業に関わる内容であろう本書。第一人者だけあって分かりやすいし、Twitterの使い方も”なるほど”って思わされる部分が色々あった。網羅的に色んな分野に興味があればFBよりTwitterが向く、ってのもなるほど納得。だから自分的にFBはいまひとつ合わんのだな。その中から、実際に会う人が出てきたり、有料情報まで入手するようになったり、ってのも是非取り入れていきたい手段。情報社会に生きることは避けられないんだから、うまく付き合う方法を模索しないと。その答えの、少なくとも一部分は見えてくる、指南書たる良書。

  • 情報をアウトプットしていく。

    Twitterなどのツールを利用し、情報を吸い込み自分の資本を高めたら、それを吐き出す。

    なるほど。
    吸ってはいたけど吐いてないから情報の過呼吸状態にあったのかしら。

    これからはアウトプットして、社会に出て行こう。

  • twitterの使い方を考え直すきっかけになった。

  • 情報はインプットだけでなくアウトプット=呼吸せよ、というメッセージを著者の具体的な経験が交えて書かれている。

    情報選びは「媒体選び」から「人選び」へ。
    マスメディアに差別性はないけど、ツイッターでフォローする人が違えば、得られる情報も圧倒的に異なる。
    自分が興味のある「人」からの情報を積極的にとりにいき、偏りは読書や新聞などで埋める。

    ただインプットするだけでなく、自分の解釈を交えたアウトプットをすることで、自分に絡んでくる人が増える=ソーシャルキャピタルを生める可能性があると思いました。
    リアルなつながりだけでは、自分と似た属性の人が集まるため、何か問題があったときに対処しづらい。
    ソーシャルな場で、多様な人と絡んで関係を作っておけば、それは万が一自分に解決しがたい問題が生じたときの手助けになる、と。

    それはアウトプットして相手に良質な情報+自分のパーソナリティを発信することでできあがる関係だと思いました。

    今後はリアル×ソーシャルな関係を築くためのツールのひとつとしてもソーシャルメディアを使っていきたいと思います。

  • 津田さんが自分でやってきたことを振り返りながら、その解説をしたり意味を見出したりしています。得られた教訓や津田さんの提案はもちろん参考になりますが、その前提として書かれている「どういう状況に置かれていたか、自分は何を考えたか」という部分に、割と読み取るべき内容が多いように感じました。

  • やっと読めた。やはりこういう情報系の本を読むといつも自分から動かないと!って思う。いかにして自分を発信するか、ヒントのようなものを得た気がする。

  • 他人の資本としての自分の価値を高めて提供していく。ソーシャルメディア上に限らず今必要なものだと思うし響きました。
    ソーシャルキャピタルとはつながりによる無形無償の財産。これをしっかり理解するだけで間違った活用の仕方はさけれそうだなー。

全392件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1973年生まれ。東京都出身。早稲田大学文学学術院教授。メディアとジャーナリズム、著作権、コンテンツビジネス、表現の自由などを専門に執筆活動を行う。近年は地域課題の解決や社会起業、テクノロジーが社会をどのように変えるかをテーマに取材を続ける。主著に『情報戦争を生き抜く』(朝日新聞)、『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)、『Twitter社会論』(洋泉社新書y)、『動員の革命』(中公新書ラクレ)、『情報の呼吸法』(朝日出版社)、『「ポスト真実」の時代』(日比嘉高と共著、祥伝社)など。世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2013」選出。第17回メディア芸術祭エンターテイメント部門新人賞受賞。「あいちトリエンナーレ2019 情の時代」芸術監督。

「2019年 『あいちトリエンナーレ2019 情の時代 AICHI TRIENNALE 2019:Taming Y/Our Passion』 で使われていた紹介文から引用しています。」

情報の呼吸法 (アイデアインク)のその他の作品

津田大介の作品

この作品に関連するサイト

情報の呼吸法 (アイデアインク)を本棚に登録しているひと

ツイートする