長宗我部元親 (光文社時代小説文庫)

著者 :
  • 光文社
3.42
  • (1)
  • (3)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334714628

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 土佐の蓋

  • 戦国時代、四国全土の統一間近で織田信長・豊臣秀吉に屈した武将・長宗我部元親の生涯を描いた本。土佐の小豪族から四国を制覇するまでに領地を拡大した人物でありながら、秀吉に臣従後、嫡男・信親討死や妻の病死に嘆き悲しみ、次第に秀吉に追従するのみの人物になったところがかなり評価を落とす武将です。

    2008.7.25読了

  • 内容忘れた…時間ができたらもっかい読み直します。

  • 読了。

  • 色白で目が大きく、「姫若子」と渾名されていた長宗我部家の若殿、元親は、初陣の日に意外にも勇敢な荒武者ぶりを発揮。やがて縦横の機略をめぐらし、周到な駆け引きによって、四国全土を掌握した。しかし、豊臣秀吉の台頭により、せっかく手に入れた三国を奪われ、もとの土佐一国にもどされる…。全国統一を夢みた男の野望に満ちた生涯を描く力作。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

作家

「2017年 『石田三成 「義」に生きた智将』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長宗我部元親 (光文社時代小説文庫)のその他の作品

長宗我部元親の詳細を見る 単行本 長宗我部元親 徳永真一郎
長宗我部元親 (光文社文庫) Kindle版 長宗我部元親 (光文社文庫) 徳永真一郎
長宗我部元親 単行本 長宗我部元親 徳永真一郎

徳永真一郎の作品

ツイートする