「密室」傑作選―甦る推理雑誌〈5〉 (光文社文庫)

  • 17人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : ミステリー文学資料館 
  • 光文社 (2003年3月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334734589

「密室」傑作選―甦る推理雑誌〈5〉 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (収録作品)圷家殺人事件(天城一)/罠(山沢晴雄)/呪縛再現(挑戦篇)(鮎川哲也)/草原の果て(豊田寿秋)/呪縛再現(後篇)(鮎川哲也)/訣別(第二のラブ・レター)(狩久

  • 結構面白かった。「罠」はミステリと言うよりサスペンスと言うかクライムノベルって感じ。「決別」は最初どうかなーと思った。それまでのこの人の小説読んでないと面白くないじゃんって。まあ最後が叙述トリックだったわけだが。「呪縛再現」星影さんがどこにも立つ瀬がない。こんなに嫌味でかっこ悪いとは…。鬼貫警部のアリバイ崩しも相変わらず良かった。まあどちらも他の作品でみたことあるトリックではあったけど。「圷家殺人事件」トリック云々の前にこの悲劇に彩られた事件を追うだけで結構悲しくなってくる。メインの謎である密室の中での銃殺に関する真相は何ともいえないくらい悲劇的。「草原の果て」微妙。

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
コナン・ドイル
有効な右矢印 無効な右矢印

「密室」傑作選―甦る推理雑誌〈5〉 (光文社文庫)はこんな本です

ツイートする