ようこそ夢屋へ: 南蛮おたね夢料理 (光文社時代小説文庫)

著者 : 倉阪鬼一郎
  • 光文社 (2015年10月8日発売)
3.40
  • (1)
  • (5)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :40
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334769864

ようこそ夢屋へ: 南蛮おたね夢料理 (光文社時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 倉阪鬼一郎さんの新しいシリーズ「ようこそ夢屋へ」がスタートしました。2015.10発行です。人を治す医者、人を育てる教育者、人の病を治し人を元気にする様々な料理に創意を凝らす料理人・・・! 人にはそれぞれ忘れようにも忘れられない悲しい出来事があるけれど、その哀しさを乗り越えさせてくれるあたたかな料理と、心優しい人情、そして懸命に生きる人々の生き様が描かれています。期待の膨らむシリーズです(^-^)

  • 江戸末期、安政の大地震の翌年。芝の伊皿子坂の飯屋が舞台。ガラスープやらオムレツやらに奮闘。淡く明るいトーンなんで、ハッピーエンドかと思ったら…。
    飯屋の主人が佐久間象山の弟子だったり、常連客に小田野直武の孫がいたりが変わり種。にしても、甘藍ことキャベツに阿蘭陀三つ葉ことセロリ、赤茄子ことトマトの栽培。この頃に始まったのね〜。

  • 南蛮の食材を、思考錯誤して料理する。今では普通に買える野菜たちも、江戸では見たことのない不思議な野菜だったというのが面白い。軽く読めるし、次巻も読もうかな。

  • 亡くなった娘の名を屋号にした料理屋の「夢屋」.みんなを元気にする料理を工夫するところが面白いのだが,私たちにはおなじみの野菜でもどう扱っていいのか分からないのが気の毒で,あんまり美味しそうではないのが残念.

  • 2016年4月西宮図書館

  • 156(151021)
    12

全6件中 1 - 6件を表示

ようこそ夢屋へ: 南蛮おたね夢料理 (光文社時代小説文庫)のその他の作品

倉阪鬼一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
西條 奈加
有効な右矢印 無効な右矢印

ようこそ夢屋へ: 南蛮おたね夢料理 (光文社時代小説文庫)はこんな本です

ツイートする