どうもいたしません

著者 : 檀ふみ
  • 幻冬舎 (2004年8月発売)
3.32
  • (1)
  • (7)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :37
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344006621

作品紹介

ウィーンでは「切符もとむ」と大書したボール紙を持って物乞いし、飛行機の中ではとなりの席の人に「コンノミサコ」に間違えられ、ついたガムを取ろうとして逆上し、お気に入りのスカートをビリビリに引き裂いてしまう…檀ふみの悲しくもおかしな毎日。女優の毎日がこんなに失敗続きでいいのだろうか…。思わず吹き出す上質エッセイ。

どうもいたしませんの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 壇ふみさんの「どうもいたしません」(2004.8)、軽快なエッセイです。壇一雄さんのDNAが引き継がれてるのでしょうね! 改めて写真を眺めたら、確かに、檀ふみさんと紺野美沙子さん、似てますね(^-^) よく間違われたそうです。

  • ご自分のことを遅筆だと言われているけど、テンポがあって楽しいエッセイですよね。

  • 2014、2月16日おもしろかった

  • 装幀 / 南 伸坊
    初出 / 「日経流通新聞」1998年1月29日~2004年4月24日掲載「ありがとうございません」改題。加筆訂正。

  • 上品なエッセイ。
    ほんとうに、印象どおりの良いおじょうさんのまま
    すてきな年のとりかた。

  • 壇さんのエッセイ
    安定感があるわ~

  • 「第三章 めぐり逢えない」って…(笑)

  • 花は高価でなくていい。しかし、言葉はケチってはいけない。



    最初はいつも「善意」なのである。だがハッと気がつくと、それはいつの間にか「義務」となっている。

  • 2007.12/18
     さらっと読めるエッセイ。笑いどころはあまりない。

  • 壇ふみさんてとても面白い人なのだ。阿川佐和子さんとペアでも面白いけど。淡々と、でもじわじわと可笑しくなる話がいっぱい。

全11件中 1 - 10件を表示

どうもいたしませんのその他の作品

檀ふみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

どうもいたしませんはこんな本です

ツイートする