アシタノユキカタ

著者 :
  • 祥伝社
3.12
  • (3)
  • (25)
  • (58)
  • (17)
  • (1)
本棚登録 : 244
レビュー : 49
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396634872

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「先生、この子を母親のところまで連れて行ってくれないかしら」 ある日、十歳の少女あすかを連れて訪ねてきたキャバクラ嬢の由希は、札幌に暮らす「片原修一」に迫った。あすかは高校教師だった彼の教え子鈴崎凜子の娘で、由希は凛子の親友だという。凛子は現在、帰省した熊本で緊急入院しているらしい。なぜ僕が?と応じる「修一」に、かつて二人が〝特別な関係〟だったことを持ち出す由希。かくしてそれぞれが抱える〝大人の事情〟も絡み合う、日本縦断七日間の奇妙な旅が始まった――。 札幌から熊本まで2000キロ。

  • なかなか面白い詐欺師でした(笑)

  • たいした理由もオチもなかった

  • うーん、設定はすごい面白かったけど、それを生かしきれてないというか・・・
    あと、終わり方がバタバタっと終わっちゃった感じであっけなかったかな。
    詐欺師が主役の話も読んでみたいなー

  • 意外と早い段階で別人と判ったが、別人と判ってからの展開が速かった。誰も不幸にならずハッピーエンド。読んでいて気持ちいい本でした

  • 可もなく不可もなく。あまり印象に残らない作品。

  • 2016.10.2 読了


    突然 押しかけてきた女と子供。
    なかなか フクザツな事情が?

    北海道から熊本まで 旅立つことになる。

    まあ 最初から最後まで
    ありえんというか うまくいきすぎというか
    キレイにまとまりすぎというか。

    サラサラッと読めましたが。

  • 親友の娘の10歳のあすかを連れて、キャバクラ嬢由希が親友の高校時代の教師を訪れる。熊本で入院している親友のもとにあすかを連れて行って欲しいというのが来訪の目的。
    三人で2000kmをドライブすることになるが、俺は実はその教師ではなくその男の親友の詐欺師。

  • 「先生、この子を母親のところまで連れて行ってくれないかしら」10歳の女の子を主人公とキャバクラ嬢が北海道から熊本まで送り届けるストーリー。
    心温まる。

  • 熊本人なので、お!熊本!って思ったんだけど、熊本っぽさもなんもなかった( ̄▽ ̄)
    あら、残念。
    遠いところ、ってだけのチョイスだったとね。

    それはおいといて、
    まー善人だらけのよい話だった。
    ラストは案外あっさりまとまって、物足りなさもあるけど、ま、いいか。
    あすかちゃん、よい子すぎ。

    詐欺師パート2が読みたい。
    その中であすかちゃんたちのその後に触れてほしい。

全49件中 1 - 10件を表示

小路幸也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする