カタギ 浅草機動捜査隊 (実業之日本社文庫)

著者 : 鳴海章
  • 実業之日本社 (2015年4月4日発売)
3.25
  • (1)
  • (5)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :45
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408552248

作品紹介・あらすじ

台東区根岸のラブホテル街で、スーパーの社長が口の中を銃で撃たれて死んでいた。機動捜査隊浅草分駐所の刑事・辰見は、二十七年前に起きた暴力団組長射殺事件の手口を思いだし、当時の関係者で元ヤクザ・永富と再会。だがその後、同じ手口で二人目の犠牲者が。事件の背後に隠された驚きの真相とは…!?いぶし銀の魅力全開の傑作警察小説!

カタギ 浅草機動捜査隊 (実業之日本社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 浅草機動捜査隊の6作目。
    定年間近な刑事とヤクザが昔を振りかえりつつ進む話。昭和な刑事もののドラマのシーンが見えてきちゃった。

  •  中高年小説なのだから、ヒーローモノや、本格とは違う味。
     それを楽しみに出来る方だけ読もう。
     第一作が嫌だったら、無理しなくても。

  • 本を購入するときは
    色々な人の書評を参考にしている。

    これも評判が良かったので購入したのだが・・・

    ひと言で言えば
    くどい
    定年間近の刑事、
    足を洗って丸くなった元ヤクザ、
    日本を捨てて海外で生きていたヤクザ等々
    出てくるのだが出場者全員の背景が浅すぎて・・・・
    盛り上がりが今ひとつで終わってしまった。

    唯一元ヤクザが唯一のより所にしている
    老衰間近で何時も寝ている猫ちゃんが心を和ませた。

  • 浅草機動捜査隊シリーズ、6作目。

    今回はベテラン刑事、辰見さんが久々に主役。小町さんや小沼クンと違って、やっぱり渋い。ゲストキャラの元ヤクザの永富はもちろん、事件の背景も昭和という時代を引き摺っていて、時代の流れへの哀愁を感じた。その中で、2作目に出ていたという粟野クンの若々しさが眩しいくらいに光ってた。小沼クンとともに、これからの彼の成長の姿も見てみたいな。

全5件中 1 - 5件を表示

カタギ 浅草機動捜査隊 (実業之日本社文庫)のその他の作品

鳴海章の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

カタギ 浅草機動捜査隊 (実業之日本社文庫)はこんな本です

ツイートする