至高性―呪われた部分 (普遍経済論の試み)

著者 : G.バタイユ
制作 : 湯浅 博雄  酒井 健  中地 義和 
  • 人文書院 (1990年12月発売)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :24
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (406ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784409030356

作品紹介

聖なるものの根源に触れつつ、への渇望を原始王権のから共産主義までを射程に入れて展開。『呪われた部分』結論部として構想されたバタイユの真骨頂。

至高性―呪われた部分 (普遍経済論の試み)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちょっとちがうんだよな....でもニーチェの解説はすごくいい。

全1件中 1 - 1件を表示

G.バタイユの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
キェルケゴール
マルセル モース
三島 由紀夫
クロード・レヴィ...
ウンベルト エー...
有効な右矢印 無効な右矢印

至高性―呪われた部分 (普遍経済論の試み)はこんな本です

ツイートする