怒らないコツ──「ゆるせない」が消える95のことば

著者 :
  • 自由国民社
2.67
  • (1)
  • (2)
  • (10)
  • (5)
  • (3)
本棚登録 : 79
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784426124809

作品紹介・あらすじ

感情的にならずに生きたいあなたに。
40万部突破シリーズ最新刊・出来!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 内容がなさすぎて、途中で読むのやめた。
    以下、怒ります。笑

    あまり実用的ではない。薄っぺらな言葉を並べただけ。
    また、一行一文で改行しており、ページ数を増やすために楽して書いている感じが否めない。
    この本に1200円は高い。

  • 最近怒りやすいので読んだ^_^
    怒りは人生に災いをもたらす。
    良き人間関係のために怒らない。
    とっさの怒りを静める方法。
    怒らない生活習慣。
    心に余裕を持つ。
    リフレーミングで怒りを鎮める。
    メタ認知能力をアップする。
    コミュニケーション能力を高める。
    あえて争わない、言い返さない。

    ところどころに散りばめられたことわざや名言、エピソードなどが説得力をます。

  • 私の「ゆるせない」は残念ながら消えなかった。大事な事柄の上澄みのよう。書かれていることにより自分なりに色々考えることで、少し踏み出したような気持ちにはなったが。

  • 健康のために「怒らない」という選択をする。
    イソップの「人とキツネ」。むやみに起こると自分に災いが生じる。
    相手の話しをもう少し聞く=相手の立場が分かる。

    怒りを敵と思え=徳川家康。怒ると冷静な行動ができない。

    仏教の三毒=貪、瞋(しん)、痴=むさぼること、怒ること、無知なこと、が不幸をもたらす。

    人はそれぞれ異なった価値観を持つことを認識する。
    10秒間だけストップシンキング=無心になる。心の中で10数える。ゆっくり深呼吸する。副交感神経が優位になる。

    呪文を用意する=気にしない気にしない、どうにかなる、些細なことだ。

    日常生活で笑顔を心がければ些細なことで怒らなくなる。

    今日は穏やかに生きる、と誓って起きる。宣言効果。

    思った通りにならないことは、いいことの前触れ=雨奇晴好。雨の日も晴れの日もよい。

    怒って無駄なことは上手にあきらめる。

    喜捨の精神=喜んで捨てる=心のゆとりを持つ。喜んでこだわりを捨てる。

    良寛の生き方。わざと船を揺らして落とした船頭にも助けてくれてありがとうと感謝した。

    金持ち喧嘩せず=最初から争おうとしない。
    逃げるが勝ち=賢い選択をすることが勝ち。

  • 内容的に薄い。

  • 思ったほど端的ではないが、怒るとどれだけ害があるか、損なのかを繰り返し説いて、怒る事をやめようと訴えかける内容。その中でなるほどと思った所をピックアップ。

    ★妥協できない人は怒りっぽく、妥協できる人は穏やかに生きる。上手に妥協ができる人は、他人と衝突してしまうことが少ない。
    フランスの思想家ラ・フォンテーヌは「妥協できるのが1番の利口者である」と述べた。上手に妥協する事は自分を大切にすることでもある。周りの人と衝突して怒ってばかりいる人は「利口者」ではないと言うことです。

    ★腹が立った時は10秒だけ「ストップシンキング」をして無心になってみる。つまり「思考停止」「何も考えない」こと。気持ちが落ち着き冷静になれる。

    ★徳富蘆花が「怒りは言葉とともに触れ、動きとともに加わるものだ」と述べた。「乱暴な言葉」や「乱暴な行動」をとるとその怒りの感情はいっそう激しいものになっていく。たとえ怒りの感情に囚われたとしてもその怒りを言葉や行動によって表に出さない。怒りの感情口にしないのが「禅」の生き方。

    ★人間のメタ認知能力は大体5、6歳の頃から発達してくると言われている。自意識を持つ段階と重なる。自分の言動が相手をどういう気持ちにさせるのかを想像することがメタ認知能力を高める上で非常に大切な要素になってくる。

    ★老子曰く「優れた最高の生き方とは、水の様に生きること〜上善水の如し〜」水にはあらゆる物に順応性があり、様々なものに恩恵を与えている。
    私が中学の卒アルに書いた言葉はオリジナルなんだが、老子と同じ事考えてたのねと、感慨深かった。

  • 1つのコツが2ページで書かれてあるので、とても読みやすかったが、ひとつひとつがもう少し深めてあっても良かったと思う。分かってるんだけど、なかなかできない思いでいるので、「わかってるんだけど」のところまでで終わってしまう。

  • 仏教の考え方。怒らない。これ大事。

  • 図書館から
    怒ってもいいことない


  • 特に中身がなく、実用性に乏しい。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

著述家

「2019年 『毎日をいい日にする!「感謝」のコツ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

植西聰の作品

ツイートする