家なき子〈下〉 (ちくま文庫)

  • 筑摩書房
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (499ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480024398

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 19世紀フランス児童文学の名作、完訳版。
    再び旅の生活に身を投じたレミは、パリでマッティヤ再会し、
    良き旅のパートナーを得る。二人と犬のカピが旅の一座だ。
    途中立ち寄ったヴァルスでのアレクスィスとの再会と
    先生との出会い、そして炭鉱で事故を体験する。
    養母へプレゼントを贈ったときに本当の親が探しているとの
    情報を得、パリへ。そしてロンドン!
    そこで悪しき陰謀に陥れられたが脱出し、フランス~スイスと
    ミリガン夫人の船を探す。思いがけないリーズとの再会が
    クラマックスへの導きとなり、レミは本当の家族を得る。
    最後に成長したレミと親しい人々が集まり、楽しく語らう。
    下巻は、スリルとサスペンスが加わります。
    炭鉱の事故での救出までの数日間、逮捕されたレミの運命・・・
    ハラハラドキドキさせられました。まるで怪盗ルパンの冒険(^^♪
    そして貫く勧善懲悪。無垢で正しく生きる者には良き未来。
    大人となった私には、ロンドンの庶民生活や土地の情景にも
    心惹かれました。フランスの地図を手元に、レミの旅の行程を
    辿るのも、また良し(#^.^#)

  • 下巻に入ってからは、特に後半は冒険活劇(大袈裟かな)の様。
    主人公はレミではなく、マッティヤでしたね。

全2件中 1 - 2件を表示

エクトール・マロの作品

家なき子〈下〉 (ちくま文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする