エクトール・マロのおすすめランキング

エクトール・マロのおすすめランキングのアイテム一覧

エクトール・マロのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『家なき娘〈上〉 (偕成社文庫)』や『家なき娘〈下〉 (偕成社文庫)』や『家なき子〈上〉 (偕成社文庫)』などエクトール・マロの全20作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

家なき娘〈上〉 (偕成社文庫)

64
4.14

感想・レビュー

以前何かで読んだのだが、そのとき記憶よりもペリーヌが過酷な目に遭っていた……ちょっとびっくり。やっぱり小屋で暮らし始めていろいろ知恵を絞るくだりが秀逸。あ... もっと読む

家なき娘〈下〉 (偕成社文庫)

53
4.14

感想・レビュー

物語として面白いのはもちろんなんだけど、大人になって読み返すと細かい所まで面白い。工場での人間関係などが現代からみてもあるあるな人間達の思惑が錯綜している... もっと読む

家なき子〈上〉 (偕成社文庫)

40
3.73

感想・レビュー

レミの旅立ちから、ジョリクールの死まで。とにかく、ひもじさとか、寒さとか、疲労とかそういった身にせまるリアルを感じる小説で、こういうのが小説の良さだろうと... もっと読む

家なき子〈下〉 (偕成社文庫)

24
4.40

感想・レビュー

いい話だった。 フランス国旗の自由・平等・博愛のすべてがある。下巻はマチアとレミの友情、ロンドンの暗黒街、投獄、スイスへの旅など、怒濤の展開です。最後には... もっと読む

家なき子〈中〉 (偕成社文庫)

23
4.60

感想・レビュー

前半は、ヴィタリスの死、後半は花農家の破産と炭鉱の労働が書いてある。 ヴィタリスの死は「野たれ死」なのだが、愛とか思いやりとかプライドなどがいりまじって... もっと読む

家なき子〈上〉 (ちくま文庫)

7
3.00

感想・レビュー

19世紀フランス児童文学の名作、完訳版。 養父に売り飛ばされた少年レミ。 捨て子であるという衝撃の事実に驚く間も無く、 旅芸人のヴィタリス老人との旅... もっと読む

家なき子〈下〉 (ちくま文庫)

6
4.50

感想・レビュー

19世紀フランス児童文学の名作、完訳版。 再び旅の生活に身を投じたレミは、パリでマッティヤ再会し、 良き旅のパートナーを得る。二人と犬のカピが旅の一座... もっと読む

ロマン・カルブリス物語 完訳版 (偕成社文庫)

6
4.00

感想・レビュー

船乗りに憧れる少年の話。おとぎ話ではない、過酷な昔の社会や人間の嫌な面も描かれていて、読み終わってほっとした。再読はないかな。 もっと読む

家なき子(上) (お風呂で読む文庫 58)

5
3.33

感想・レビュー

はじめて読んだけれど、すごく面白かった。 もっと読む

家なき子(下) (お風呂で読む文庫 60)

5
3.33

感想・レビュー

お友だちに恵まれたレミ。でもその輪は、レミが持った謙虚さや、真面目さや、愛情深いから、よい人たちが集まり、また困難なことにも立ち向かうことができたんだろう... もっと読む
全20アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする