良い死

著者 :
  • 筑摩書房
3.83
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 73
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480867193

作品紹介・あらすじ

たとえば病気のため、あるいは老衰のため、体が思うように動かせなくなり、自分を、生きる価値のない存在だと思ってしまう。そこから、尊厳死のような「自然な」死を選ぼうとする人も出てくる。しかし、「どのようであっても生きていけたらよい」と考えるなら、こうした死を法制化する遙か手前で考えるべきこと、なすべきことはたくさんある。ただ生きて存在することを妨げるこの社会を、「生きたいなら生きられる」社会へと変えていくには何が必要か、その方途を粘り強く探る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

立命館大学教授

「2021年 『介助の仕事 街で暮らす/を支える』 で使われていた紹介文から引用しています。」

立岩真也の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×