怪奇小説傑作集5<ドイツ・ロシア編>【新版】 (創元推理文庫)

  • 東京創元社
3.64
  • (2)
  • (5)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 86
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (428ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784488501105

作品紹介・あらすじ

本書には、死んだ美しい女の回向のさなか、身の毛もよだつ妖怪に襲われた神学徒を描くゴーゴリの「妖女(ヴィイ)」をはじめ、全9編を収録した。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【ドイツ編】
    ハインリヒ・フォン・クライスト「ロカルノの女乞食」
    テオドール・ケルナー「たてごと」
    H・H・エーヴェルス「蜘蛛」
    E・T・A・ホフマン「イグナーツ・デンナー」
    【ロシア編】
    ミハイル・アルツィバーシェフ「深夜の幻影」
    アレクセイ・レミゾフ「犠牲」
    ニコライ・ゴーゴリ「妖女(ヴィイ)」
    アントン・チェーホフ「黒衣の僧」
    アレクセイ・トルストイ「カリオストロ」

  • 「恐怖は人間の最も古い、最も強い情感だ。」
    ラヴクラフトの名言。

  • 結局、侯爵は女乞食に呪われたのだろうか?「ロカルノの女乞食」
    竪琴が私には妻が秘書をあの世へと誘っているようにしか感じられなかった。もしかして妻と秘書は不倫していたのだろうか「たてごと」
    この部屋に泊まった全員が蜘蛛女の魅力に憑りつかれたのか。途中の蜘蛛の逢瀬の描写がこの話を象徴しているようだった「蜘蛛」
    どこからどう見てもおかしいのに、村人も何かあるんじゃないかと勘繰ってしまう「妖女(ヴィイ)」
    フェードシャを造り出したのに、マリヤと結ばれることを望んだアレクシスが身勝手にしか思えない「カリオストロ」

  • 貰い物やら残り物やらのタイミングで、えらい豪勢な朝食になってしまい、朝っぱらから舌鼓を打ってたら、遅刻しそうになった…昔「幸福な朝食」って秀作があったよな。

    創元推理文庫の「怪奇小説傑作集」とハヤカワの「幻想と怪奇」都築道夫編・仁賀克雄編はこのジャンル好きにはバイブルみたいなもんですが。こっちが旧約聖書かなあ。ちょっと古臭い感漂いますな。しかしまー、このジャンルって、なんで同じようなタイトルのアンソロジーばっかりなんだろ?あー、ややこしい。

    ■ドイツ編
    『ロカルノの女乞食』…ハインリヒ・フォン・クライスト
    『たてごと』……テオドール・ケルナー
    『蜘蛛』……H・H・エーベルス
    『イグナーツ・デンナー』……ホフマン
    ■ロシア編
    『深夜の幻影』……アルツイバーシェフ
    『犠牲』……レミゾフ
    『妖女(ヴィイ)』……ゴーゴリ
    『黒衣の僧』……チェーホフ
    『カリオストロ』…アレクセイ・トルストイ(←別人です)

  • 第五巻はドイツ・ロシア編。
    わりときっちりオチがついている感のあるドイツ編もいいですが、ロシア編の精神病じみた雰囲気も良かったです。
    ロシア編の「犠牲」のラストシーンは、いっそ爽快感さえあるようなバッドエンドでなかなか。
    日本やイギリスの怪奇小説は読む機会も多いですが、ドイツやロシアの作品はあまり知らないので、読めて良かったです。

全7件中 1 - 7件を表示

植田敏郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
J.L. ボルヘ...
ウィリアム・ゴー...
中野 京子
ジェイムズ・P・...
ウラジーミル ナ...
有効な右矢印 無効な右矢印

怪奇小説傑作集5<ドイツ・ロシア編>【新版】 (創元推理文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×