原卓也のおすすめランキング

プロフィール

一九三〇~二〇〇四年。ロシア文学者。東京外国語大学学長などを歴任。ドストエフスキー、トルストイ、ショーロホフなど訳業多数。中央公論社版『チェーホフ全集』の訳者の一人。著書に『チェーホフ研究』など。

「2022年 『狩場の悲劇』 で使われていた紹介文から引用しています。」

原卓也のおすすめランキングのアイテム一覧

原卓也のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫)』や『カラマーゾフの兄弟〈中〉 (新潮文庫)』や『カラマーゾフの兄弟〈下〉 (新潮文庫)』など原卓也の全123作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫)

8702
3.88
ドストエフスキー 1978年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ようやくドストエフスキー3作目に取り掛かれた! 過去に読んだ「罪と罰」「地下室の手記」と比べ、物語の展開が随時あるため、非常に読みやすくて驚いた 注)... もっと読む

カラマーゾフの兄弟〈中〉 (新潮文庫)

5429
3.95
ドストエフスキー 1978年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ネタバレ有かも… ご注意ください さて中巻は見習い修道僧であり、愛されキャラ三男アリョーシャがお世話になっている修道院の長老であるゾシマが瀕死状態にな... もっと読む

カラマーゾフの兄弟〈下〉 (新潮文庫)

5396
4.02
ドストエフスキー 1978年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とうとう下巻である 注)軽くネタバレ有 これまたアクの強いコーリャ少年の新登場 自尊心が強く、知性はあるものの突拍子もないふるまいをしたりと、度の... もっと読む

人生論 (新潮文庫)

1714
3.38

感想・レビュー

大人ならこういのもちゃんと読んどかなきゃなと思い、チャレンジしましたが、やはり撃沈しました。しかし、思ったよりそこまで難解ではなかったです。 もっと読む

賭博者 (新潮文庫)

931
3.53
ドストエフスキー 1979年2月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ギャンブルの描写が、ギャンブルを知っているからこそ書けるというものでした。主人公が後半に大勝負するところも含めて、ギャンブルにはいろいろな面があり、いろい... もっと読む

クロイツェル・ソナタ/悪魔 (新潮文庫)

688
3.67
トルストイ 1952年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

クロイツェルソナタとは、ベートーベン作曲のバイオリンソナタ第9番イ長調作品47のこと。私は聞いたことがなかったが、動画を検索して聞いてみると、バイオリン1... もっと読む

カラマーゾフの兄弟(上)(新潮文庫)

236
4.07
ドストエフスキー 電子書籍 1978年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これ読み終わったら就活始めよと思っていたら、読むのに3か月かかった。就活は諦めた。 もっと読む

鰐 ドストエフスキー ユーモア小説集 (講談社文芸文庫)

192
3.27
ドストエフスキー 2007年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鰐 ドストエフスキー ユーモア小説集 (講談社文芸文庫 トA 1) (和書)2008年10月24日 19:13 2007 講談社 ドストエフスキー, ... もっと読む

プラトーノフ作品集 (岩波文庫 赤 646-1)

119
3.64
プラトーノフ 1992年3月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

■「粘土砂漠」 100年ほど昔の中央アジアが舞台の……SF? それともマジックリアリズム? ……だってこれが現実とは到底考えられないのだ。 ・・・・・・・... もっと読む

サハリン島

105
3.55
チェーホフ 2009年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アントン・チェーホフ(1860~1904)による、サハリン島ルポルタージュ。 チェーホフは1890年、サハリン島に渡り、6か月間滞在した。 流刑囚... もっと読む

狩場の悲劇 (中公文庫 チ 3-3)

103
3.28
チェーホフ 2022年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新聞社の編集長が、小説家志望者から実話をもとにした作品を持ち込まれるくだりに始まる。手記を内包する形式の小説。作品内の紙数としては、持ち込まれた小説内のス... もっと読む

怪奇小説傑作集5<ドイツ・ロシア編>【新版】 (創元推理文庫)

96
3.59

感想・レビュー

ドイツとロシアの怪奇小説。 ドイツの怪奇小説、『蜘蛛』は江戸川乱歩の『目羅博士の不思議な犯罪』の元になったお話で有名なやつです。 もっと読む

少年時代 (新潮文庫 ト 2-5)

86
3.05
トルストイ 1972年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

少年時代の、ああそうだったのだろうか感と、特有な率直なところ。なんか違ってきたな感が、自伝的に書かれていて、のちの作品にもそれが垣間見えるのである。 もっと読む

ドウエル教授の首 (創元SF文庫)

78
3.89

感想・レビュー

正義感に溢れる若き女医マリイ・ローランは、新進気鋭の外科医ケルン教授のアシスタントとして雇われる。研究室内で目にするものについて一切口外しないこと、と誓約... もっと読む

トルストイ ポケットマスターピース 04 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)

67
4.14
トルストイ 2016年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 戦争と平和。抄訳&ダイジェストだけど、読んで十分楽しめる内容だと思う。ナターシャ一代記というか、生気にあふれた少女が、家に悩み、恋に落ち、ヤリチンに誘惑... もっと読む

諸国物語

66
4.05
チェーホフ 2008年2月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

富山のビジネスホテルの部屋に置いていたので泊まったときに少し購読。トルストイの死に対する観察眼はやはり鋭い。名作は子供だけでなく大人が読んでも充分楽しめる... もっと読む

怪奇小説傑作集 5 (創元推理文庫 501-5)

60
3.61
エーベルス 1969年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ホラー小説の入門書的なアンソロジー全五巻を漸く読了。 「ロカルノの女乞食」と「妖女」の二作が読みたかった作品だが、前者は短編と云うか掌編で、恐怖を感じる間... もっと読む

カラマーゾフの兄弟(中)(新潮文庫)

55
4.36
ドストエフスキー 電子書籍 1978年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

比較的、神と人間の関係性に筆が割かれていた上巻と比較すると、「神」「キリスト教」といったテーマは、物語の通奏低音となっている。中巻は、その通奏低音が静かな... もっと読む
全123アイテム中 1 - 20件を表示

原卓也に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×