イッキに読んだ本、ゆっくり読んだ本、ギブアップ本

イッキに読んだ本ってありますか?寝食を忘れて、みたいな。
逆に、読んでて先に進まない本も。どーしてこんなに頭に入ってこないんだ?とか。
ギブアップした本も。 
  • 投稿日時 : 2013-03-02 20:36:08
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

0

21世紀の石油と言われている私たちの個人情報をGAFA(Google、Amazon、Facebook、Apple)が狂ったように集めまくってる。
特にFacebookの不正行為は許しがたい。
0

これはオモシロイよ。イッキに読める。
オレも屍派になりたい。
3
 短い本(新書)です。笑いながらあっという間に読み終えました。



 でも、実にいいところを突いてますよ。
  • lacuoさん lacuo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2018-03-04 19:17:36
おもしろそうですね。

読んでみたいなあ。
1
ゆっくり読んでます。この作品。


それと一緒にこの本も。解説代わりに。

  • lacuoさん lacuo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2018-03-04 19:19:50


このマンガを、いま、ゆっくりゆっくり読んでます。

このマンガは、非常によくできた素晴らしい本なのですが
なぜか
「イッキに読んだ」
ではなく
「ゆっくりゆっくり、考えながら味わいながら」
読んでます。
1
ギブアップした本はこれです。
筆者容赦ない(その分マジメ)


一気読みした本はこれ。
中学生の時に三日で読み切りました。
今思うと差別用語をよくスルーできましたね…。

  • lacuoさん lacuo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2018-03-04 19:21:01
富永健一先生の本は、何冊か読んでます。

この本は、読んでないかも。
0


イッキに読んだ。
付箋貼りながら読んでたら付箋だらけになってしまった。
100円ショップで買ったピンクの付箋だったんだけど。
黒い表紙の本がピンクだらけになってキレイだった。
1
この本は一気読みしました。


滔々と紅 (ディスカヴァー文庫)

志坂圭 / ディスカヴァー・トゥエンティワン / 2017年2月24日

  • lacuoさん lacuo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2018-03-01 23:36:22
胸が震えた、というコピーなんですね。
あ、題名が、難しい字で、読めない。
1
 今、「イッキ」に読み終えました!



 北海道の貧しい開拓集落で実際にあった衝撃的事件に基づく小説です。迫力満点ですよ。
  • lacuoさん lacuo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2018-03-01 23:33:32
あ、これ、ブクログで書評よみました。
読んでみたいな。
 ぜひご一読をお勧めします。

 吉村昭さんの作品は推敲し尽くされ無駄が全くないので一気にに読めてしまうのだと思います。文章の格調も高いです。

 おまけにこの作品は、緊張感と迫力が並大抵ではないと思います。
  • 回答No.4862-086453
  • 名無しさん 名無し さんの回答
  • 投稿日時 : 2018-02-02 23:23:25
1
 東大教授が学生に勧めるというこの本を「面白くない」というのは、「私はアホです」というのと同じですね。でも私には全然面白くなかった。

 文章もぐちゃぐちゃのだらだらで少しも頭に入ってこないし、登場人物も好きじゃない。



 でも、ギブアップせずに最後まで読みます。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2018-02-20 20:20:12
 回答者の名無しです。二週間ほど前に読み終えました。

 我慢して読み終え、しばらくはただ満腹なだけだったんですが、やがてなんだか腹の奥の方でこなれてきた感じです。するとじわじわと味わいが感じられて、やっぱり読み終えて良かったのだなあと思いました。

 このどうしようもなくぐだぐだなくせに憎めない作品に、多くのファンがいることは理解出来ます。

 でも、再読はしばらく無理ですね
  • lacuoさん lacuo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2018-03-01 23:32:23
東大教授にもいろんな人がいるからね。東大教授が薦めたからって、良い本とは限らない。

ううん。たしかに、これは、おもしろい本ではないよね。

すごい暗い状態の時に読むのに向いてると思う。

暗い状態のときって、こういう、どうしようもなく暗い本によって救われた気になるんじゃないかな。

たしかに、文章もぐちゃぐちゃで読みにくいし、登場人物も好きになれない。
  • 回答No.4862-085015
  • 5552さん 5552 さんの回答
  • 投稿日時 : 2017-10-15 15:17:06
2


大分前のギブアップ本です。
作者の奥泉さんはいとうせいこうさんとの対談本が非常に面白かったため、評判の良いこちらを読んでみた。
...が一行目から意味が分からない!日本語なんだけど読めない!
映画は(自分にとって)難解でも雰囲気で見れるけど、本は意味を理解しないと読み進めないな、と思いました。当たり前だけど。
  • 5552さん 5552 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-15 15:19:01
悔しいので他の作品で再チャレンジしたいです。
  • 名無しさん 名無し さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-15 18:13:29
奥泉さんは芥川賞作家で、文体も独特なものが多いのですが、『シューマンの指』は少し毛色が異なる作品でした。
もし再チャレンジするなら、彼の持ち味全開のこちらはいかがでしょう。
長編ですが、タイムスリップで時空を超えた冒険に、ミステリーやら音楽の要素も加わって、魅力的な一冊です。
もし、好みに合わなかったらごめんなさい。
  • 5552さん 5552 さんのコメント
  • 投稿日時 : 2017-10-15 19:46:17
名無しさん、おすすめありがとうございます!
『シューマンショック』以来苦手意識があって面白そうな奥泉作品があっても躊躇していたのですが...。
「鳥類学者のファンタジア」レビューやあらすじを見てみたら、面白そうですね。
また、読んでみます!
  • lacuoさん lacuo さんのコメント
  • 投稿日時 : 2018-03-01 23:27:47
デザインが良いですね。
難解そうな本?

オレも読んでみよっかな。
全287件中 1 - 10件を表示
ブクログ談話室

質問を探す

こちらのサービスからアイテムを検索できます。

  • Amazon.co.jp (本, Kindleストア, DVD, 音楽など)
  • Amazon.com (洋書)
  • パブー (電子書籍)
  • iTunes Store (iOSアプリ, 映画, 音楽など)
  • 青空文庫 (著作権の消滅した古典作品)
  • 電子書籍(一般書) (Kindleストア, BookLive!, honto 等のストア横断検索)
  • 電子書籍(技術書) (達人出版会, O'Reilly Japan, 技術評論社)


ツイートする