現代アメリカ政治とメディア

制作 : 前嶋 和弘  山脇 岳志  津山 恵子 
  • 東洋経済新報社
3.67
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (398ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492762479

作品紹介・あらすじ

テレビ番組の人気ホストとして知名度を上げ、メディアが創りだしたともいわれるトランプ大統領は、メディアを敵視する発言を繰り返している。トランプvs.伝統メディアの構図は、アメリカの政治・世論の深刻な分裂ももたらしている。アメリカ政治とメディアの歴史も踏まえつつ、分極化の過去・現在・未来を展望する「アメリカ政治とメディア」の決定本。

学者とジャーナリストによるコラボで、アメリカメディアの今を、多角的に解説・分析。ニューヨーク、ワシントン、シリコンバレー取材のベテラン記者が、伝統メディアと新興メディアの攻防やフェイクニュースなどの現状を描き、トランプ支持者を350人以上取材した記者が、トランプ支持者のメディア消費を探る。パナマ文書などのスクープにもかかわった調査報道記者が、司法省によるジャーナリストの訴追や、アメリカの調査報道の現状について解説する。

「分極化するメディア」は政治をどう変えたのか。日本に対する多くの示唆を含んだ書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  各著者のほとんどは記者なので読みやすい。政治報道の黄金期はウォーターゲート事件などがあった1960-70年代なのだという。しかし、鶏と卵のどちらが先かはともかく、互いに作用して強まっているように見える近年の世論・政治の分極化とメディアの分極化。そしてフェイクニュースの広がり。これらは読んでいて明るい気分にはならない。
     デジタルメディアの成長それ自体は不可避としても、伝統メディアと比べると玉石混交という気がする。他には、精神科医による著名人の気質分析の適否というゴールドウォータールールをめぐる状況、報道機関への情報漏洩と政府の対応。オバマ政権でも最初の5年間は情報漏洩者を多く訴追し厳しい対応をとっていたとのこと。

  • ちょっと前に読んだので、細かいところ覚えてないのが悔しいけども、けっこう熱中して読んでた気がする。いくつか気になった話があったけど、フィルターバブルの話が特に印象に残った。

  • アメリカにおける紙・デジタルメディアの30年程度の歴史を理解することができ、有益。トランプに寄ってるわけでもなく、アメリカ政治とメディアというタイトル通りの内容で、良かった。(横書きで400P弱あるのがきつかったけど

    ====================================
    ■共和党より
    FOX、NYPOST、NBC、ドラッジレポート
    ■民主党より
    CNN、NYTIMES、ワシントン・ポスト
    ・1994年から2017年で、共和党と民主党のお互いへの不信感は約3倍になってる。分断。
    ・「白人ミドルクラスは割りを食ってる。オバマケアやBLMで移民や黒人や貧困層に横入りされた気分だ。そんな可愛そうな自分たちブルーカラー白人を、トランプは見てくれる」的な。
    ・フェイク発言の割合、トランプは76%、ヒラリーは26%。
    ・公平原則:1980年代にレーガンが一度抑止。言論の自由を優先した結果、分断が加速している側面あり。
    ・イコールタイムルール:政治に関する発言を放送したら、もう片方にも反論する時間を用意すべき、というルール。ニュース番組など例外とされる抜け穴も多く徹底されてないが、すごくアメリカ的なルール。

  • 東2法経図・6F開架:312.53A/Ma27g//K

  • 日経新聞2019525掲載

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

前嶋 和弘(マエシマ カズヒロ)
上智大学教授
上智大学教授。専門は現代アメリカ政治外交。上智大学外国語学部英語学科卒、ジョージタウン大学大学院政治学部修士課程修了(MA)、メリーランド大学大学院政治学部博士課程修了(Ph.D.)。主な著作は『アメリカ政治とメディア』(北樹出版)、『オバマ後のアメリカ政治』(共編著、東信堂)、Internet Election Campaigns in the United States, Japan, South Korea, and Taiwan( co-edited, Palgrave)など。

「2019年 『現代アメリカ政治とメディア』 で使われていた紹介文から引用しています。」

前嶋和弘の作品

ツイートする
×