さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

著者 : トム・ラス
制作 : 古屋博子 
  • 日本経済新聞出版社 (2017年4月13日発売)
3.89
  • (23)
  • (29)
  • (19)
  • (3)
  • (2)
  • 405人登録
  • 38レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532321437

作品紹介

「才能を隠してはならない。それは、使うためにつくられたものだ。日陰に置かれた日時計にいったい何の意味があるだろう」(ベンジャミン・フランクリン)

「強みの活かし方」が資質ごとにわかる。待望の新版、ついに登場!
皆さんは毎日、自分の強みを使うチャンスがあるだろうか。おそらくないだろう。多くの場合、才能は未開発のままだ。ゆりかごから職場まで、私たちは強みを伸ばすよりも欠点を直すために多くの時間を割いている。
人が才能や強みなど「その人の良いところ」を見出すには、まず、それらについて自分自身やまわりの人たちに説明できるように「言語化」する必要がある。2001年に出版し、人々が持つ「34の資質」を明らかにした『さあ、才能に目覚めよう』は国内で累計50万部のベストセラーとなり、世界中で話題となった。あなたの強みを「見える化」してくれるツール〈ストレングス・ファインダー〉を使って「トップ5の資質」を発見した人の数はいまや数百万人に及ぶ。

新版となる本書では、「その資質をどう使えばあなたの武器になるか」「どうすればその資質を持つ人たちを活かすことができるか」といった「強みの活かし方」にフォーカスする。34の資質ひとつひとつについて、それぞれ10項目の〈行動アイデア〉と3項目の〈人の活かし方〉を解説する。資質や才能はダイヤモンドの原石であり、それを活かしてこそ、光り輝くダイヤモンド、すなわち強みとなる。

進化したウェブテストのアクセスコード付き!
さらには〈ストレングス・ファインダー〉も進化した。新しくなったウェブテスト〈ストレングス・ファインダー2.0〉では、結果として提供されるレポート群がよりあなたらしいものにカスタマイズされている。あなたの回答を膨大なデータベースと比較して「何があなたを際立たせているのか」を明らかにしている。本書には〈ストレングス・ファインダー2.0〉を実施するためのアクセスコードが記載されている。

本書は一気に読み進むこともできるが、今後何十年にもわたって、あなたの才能を開花させるための指針となるだろう。本書には、あなたの強みを活かすためのたくさんの戦略やアイデア、ヒントが詰まっている。それらを実践すれば、あなた自身を、そしてあなたのまわりの世界を見る目が永遠に変わるはずだ。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 無意識の思考の習慣を発見する。
    そして強みへ。努力しなくてもできることが才能であり。それは幾分でも伸ばす可能性秘めている。
    旧番の知識前提な点。ウェブなら電子書籍がつくことを考えると本は手元に置きたい人用。

  • 自分を知るという意味では興味深い書籍ではあるが、自分が思っている自分と強みが覆される内容ではなかった。個人差はあると思う。
    使い方としては、付属のアクセスコードを用いてインターネットで試験を受ける内容である。テスト自体は日本語であるが結果は英語で帰ってくる。
    その結果で示された自分の強みを、書籍を参照して確認する。
    ここで使いにくいのはウェブの回答結果が英語で返されるのに対して書籍のインデックスは日本語なので参照しにくいと言うことである。この辺はもう少し読み手に配慮してもらいたい。
    心理テストの延長のような感覚で使えば楽しめるのではないか。

  • web診断は日本語訳が微妙な物もあり。
    英語出来る人は英語版がおすすめ。

    強みはとても当たっている。
    詳しい説明を読むと、
    そうそう!そう関わった欲しい!
    という自分が認識できる。

    どういう風に自分を成長させるかも書かれているのでとてもよい。

  • 人が成功するための近道とは何だろうか。

    フィクションの世界では、弱者が膨大な努力の果てに、欠点を克服するような話がもてはやされている。
    例えば万年補欠が長い時間をかけて練習して、最後の試合に出番をもらえるといった感じだ。

    確かに感動的な話ではある。
    だが、それは本当に正しいのだろうか。
    それだけの時間があれば、もっと別の分野で成功を収められたのではないだろうか。

    社会は往々にして、人の短所に焦点を当てる。
    「努力すれば何にでもなれる」という。
    だがそれは間違っている。

    成功するための秘訣とは、欠点を直すことではない。
    長所を伸ばすことである。


    人には誰しも才能がある。

    だが才能は強みの一要素に過ぎない。才能のままでは、ただの原石に過ぎない。
    訓練し、伸ばしていく必要がある。

    だが殆どの人がそうしないのは、自分の強みを知らないからだ。

    よって最も大切なことは、自分の強みを知ることである。


    本書では、強みに集中すること、強みを知ることの大切さが語られている。
    また付属のアクセスコードを使うことで、WEB診断で自分の強みを知ることもできる。

    実際にWEB診断を受けてみたが、かなり的確に自分の資質を言い当てられた。
    周りの人に見せても「合っている」と言われたので、おそらくそれなりの信頼性はあるのだろう。

    例えそれがプラシーボだとしても、自分の長所を知れたのは、とても価値のあることだった。
    あらゆることに影響し、今後の人生に大きくプラスになるだろう。

    眉唾ものと思うかもしれないが、騙されたと思ってぜひ一度試してほしい。
    それだけの価値がある一冊。

  • Web診断は日本語がわかりずらかったので英語で受けることをおすすめします
    もともと感じていたことを言語化してくれたかんじ。

  • 以前やってから4年ほど経過する中で、立場も変わっている中で、新版が出たということもあり再度チャレンジしてみた。結果として、3つストレングスが変わったが、自分自身腑に落ちる結果でした。皆さんも時期時期で受けなおしてみると、面白かも知れません!
    ◆今回/前回
    ①ポジティブ/調和性
    ②成長促進/収集心
    ③社交性/成長促進
    ④個別化/達成欲
    ⑤収集心/包合

    【今回の結果(2018.2.4時点)】
    1. ポジティブ
    ポジティブという資質を持つ人は、情熱的であり、しかも自然にその熱意を人に分け与えることができます。生き生きとしており、他人に活気を吹き込み、やる気を起こさせることができます。

    2. 成長促進
    成長促進という資質を持つ人は、他人の持つ可能性を認識し、それを伸ばし、目覚めさせます。他人の小さな進歩の兆候を見逃さず、このような進歩を実現することから充足感を得ます。

    3. 社交性
    社交性というテーマを持つ人は、知らない人と出会い、自分を好きになってもらうのが大好きです。見知らぬ人と打ち解けて親しくなることから満足感を得ます。

    4. 個別化
    個別化という資質を持つ人は、一人一人が持つユニークな個性に興味をひかれます。異なるタイプの人たちの集団をまとめ、生産性の高いチームを作ることに長けています。

    5. 収集心
    収集心という資質を持つ人は、より多くの知識を求める知りたがり屋です。ものを集めたり、あらゆる種類の情報を蓄積したりするのが好きな人が、このタイプに多くみられます。

    【前回実施時(2014.2.3時点)】
    1. 調和性
    調和性という資質を持つ人は、意見の一致を求めます。意見の衝突を嫌い、異なる意見でも一致する点を探ります。

    2. 収集心
    収集心という資質を持つ人は、より多くの知識を求める知りたがり屋です。ものを集めたり、あらゆる種類の情報を蓄積したりするのが好きな人が、このタイプに多くみられます。

    3. 成長促進
    成長促進という資質を持つ人は、他人の持つ可能性を認識し、それを伸ばし、目覚めさせます。他人の小さな進歩の兆候を見逃さず、このような進歩を実現することから充足感を得ます。

    4. 達成欲
    達成欲という資質を持つ人は、並外れたスタミナがあり、旺盛に仕事に取り組みます。自分が多忙で生産的であることに、大きな満足感を得ます。

    5. 包含
    包含という資質を持つ人は、他人を受け入れることができます。人の輪から外れている人に注意を払い、そのような人を輪に入れようと努力します。

  • 最上志向
    未来志向
    戦略性
    個別化
    指令性


    1.最上志向
    優秀であること
    強みを生かしたい、最高に高める
    高く評価してくれる人をえらぶ
    弱点克服をさせようとする人を避ける

    行動
    人の成功を助ける
    自分とまわりのパフォーマンスを測る
    常に良いパフォーマンスを発揮する状態を知る
    一番の才能は何か?それを伸ばす
    仕事以外でも能力を使う計画
    成功から学ぶ、自己満足注意
    長期的な人間関係を目標に焦点を
    弱点の最小化


    2.未来志向
    起業、新規Prj
    塾考する時間 未来の具体的アイディア
    話を聞いてくれる人
    同僚
    活発性の資質の高いパートナー

    3.戦略性
    最終目的にあった最善の道筋
    塾考する時間
    ビジョンの実現に至る可能性のあるすべてを考える

    4.個別化
    ユニークな個性に惹かれる
    各自の得意を生かすことで、優秀なチーム
    独自性の重視
    直感的に相手に合わせる

    5.指令性
    対立を恐れない
    事実を示す
    言葉、声の調子、話し方の練習
    人間関係で問題あれば直接話す
    意見を聞く習慣
    障害は取り除く

  • 自分の強み
    →ポジティブ
    →個別化
    →コミュニケーション
    →社交的
    →アレンジ

  • 自分の特性と何を強みとしてやっていけばいいのかがすごく良く分かりました。一度読んで終わりではなく、今後たびたび読み返すのをお勧めします。

  • 自分の特性が当てはまり、どういう人間かがわかる。

全38件中 1 - 10件を表示

トム・ラスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
村田 沙耶香
フィル・ナイト
リンダ グラット...
伊賀 泰代
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0を本棚に登録しているひと

ツイートする