YESの9割はフロントトークで決まる!

著者 :
  • 日本経済新聞出版社
3.63
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 51
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784532321925

作品紹介・あらすじ

いずれも、実際の営業現場で使える事例を豊富に交えている。

・営業は「モチベーション」の前に「分析力」 ・「なんか分析」をする
・身体ではなく、脳に教える ・疑っていたら売れない
・「あなたの商品が解決できること」シート ・物を買うときの3つの問題
・“あの不安"を消さないと売れない? ・「情緒能力」の柱
・人は好きな人から買う! だから好かれる人になる ・風呂敷リスニング
・導入トークのテクニック~お客さまの「問題探し」
・「あなたの悩みを解決できる可能性を持っていることが、私はとてもうれしい」
・「トーク上、いっさい嘘を言ってない」姿勢 ・売れないのは価値が○○を超えてないから!

……など、著者ならではの軽やかな筆致で、
「売れる営業」の本質を説く!

若手営業マンはもちろん、
年齢も役職もソコソコあがってきているのに、
新人時代とやっていることは何も変わっていないのではと悩んでいる営業マンにも!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『YESの9割はフロントトークで決まる!』(著:和田裕美)

    付箋部分を抜粋します

    ・相手が興味のある情報や知りたい内容は、それぞれだからこそ、相手が何を知りたいのか、相手を知ることが
     商品知識ということです(p17)

    ・あなたが売っている商品は、どんな悩みを解決してくれるのか。どんな「問題解決」のために生まれたのか。
     どんどん掘り下げてみてください。必ずそれを求める人がいるのです(p22)

    ・気づきを起こして、未来をつくる。その未来を欲しいか欲しくないかが、「今、買いたい」につながります(p34)

    ・夢に期限をつけると目標に変わるのです(p67)

    ・相手のことを知らないままで「これいいですよ、あれいいですよ」というのはおかしいですよね。相手のことを
     知っているから、どんな色が似合うとか、相手の健康状態がわかるから、何を食べたほうがいいとか、相手を知っているから
     結果的に何がいいかを勧められるのです(p69)

    ・イメージできないことって、結局、他人事になってしまうんです(p71)

    ・お客様がお金を払うのは、その「未来」という付加価値に対してです(p74)

    ・あなたの商品やサービスがもたらす付加価値はなんですか?
     3年後、5年後、どんなわくわくしたものが、買った人の人生にやってくるのでしょうか?(p75)

    ・つまり、人はそのわくわくした「想像」にお金を払うわけなのです(p77)

    ・人は、予算や自分の今の器を考えて、「私にはこの程度のものかな」と勝手に制限をつけていることが多いのです(p81)

    ・人間の「こうなりたい」という願望には、わくわくするものを得たいという感情と、ビクビクするものを避けたいという
     感情の2つがあるわけです(p87)

    ・「それ、いつまでに手に入れたいですか?」(p88)

    ・目の前にお客様がいるときだけは「自分の得」は横に置いて「相手の得」に意識を向けてほしい(p94)

    ・ちゃんと自分で競合他社を、時には相手の商品を買ってみてしっかり勉強しておくこと(p141)

    ・「あなた」そのものの土台を「売れる」に変えることから始めないといけないのです(p154)

  • 『YESの9割はフロントトークで決まる!』(和田裕美著/日本経済新聞出版社)vol.458
    http://shirayu.com/blog/topstory/sales/6960.html

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

株式会社HIROWA代表取締役。営業コンサルタント
外資系教育会社に入社し営業職に。日本でトップ、世界142カ国中2位の成績を収めた営業のカリスマ。そのノウハウを説いた著書が爆発的ヒット。以降、営業・コミュニケーション・モチベーションアップ・交渉力に関する研修・講演を広く展開している。著書累計発行部数は200万部超。京都光華女子大学キャリア形成学科客員教授。

「2018年 『YESの9割はフロントトークで決まる!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

YESの9割はフロントトークで決まる!のその他の作品

和田裕美の作品

ツイートする