民主党政権では日本が持たない

著者 :
  • PHP研究所
4.73
  • (8)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569774497

作品紹介・あらすじ

友愛外交、基地移設問題、CO2・25%削減、外国人参政権、夫婦別姓、成長戦略の不在…。民主党政権の政策は、国民の「命」も「生活」も守らない。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 愛国者必読。

  • いまの日本がどんなに危うい状況かがよく分かった。必読の書だ。

  • 友愛外交、基地移設問題、CO2・25%削減、外国人参政権、
    夫婦別姓、成長戦略の不在…、
    民主党政権の政策は、国民の「命」も「生活」も守らない

    鳩山・小沢のダブル辞任前に書かれたものなので、
    前首相への批判が展開されているが決して賞味期限切れはしていない。
    菅首相に替わってもこの政権の本質に変わりはないからだ。

    先日、ツイッターにも書いたけど、
    自民党政権時代のすべてがよかったとはいうつもりはない。
    しかし、当時は少なくとも日本が滅亡するかもしれないなんて心配しなくてもよかった。
    政権が変わってからは、毎日が不安で仕方がない。
    ストレスたまりまくり。
    このストレスと不安の要因を誰にもわかるよう明確に説明してくれたのがこの本。
    日本にとって百害あって一利なしの政権は1日も早く退場願いたい。

    現政権に対しての批判は一貫しているけれど、
    決して自民党マンセーではないところに好感をもった。

    自民党が年来の支持層(保守派)の失望をかったのは、
    過去の日本の歩みに対する外国からの不当な非難に毅然として
    立ち向かうことができなかったことが、
    大きな要因の一つである。

    1972年の日中共同声明以後、
    日中関係を担ってきたのは歴代自民党政権であり、
    現在の東シナ海のガス田や尖閣諸島をめぐる中国との問題は
    民主党政権によってもたらされたものではない。

    わが国が抱える中国問題が自民党政権時代にその根をもつのは明らかだ。
    それは「日中友好」の名のもとに摩擦を回避し、
    譲歩を重ねてきた政策判断の過誤の積み重ねである。

    と手厳しい。

    反日勢力を斬る(2)のponkoさんが言っているように、
    自民党がほんとうに日本を救おうと思うのなら、
    櫻井よしこさんと同じ視点で保守本流に立ち返ることである。
    党内の若手を起用し、似非保守リベラル派を追い出し、自民党立党の精神に回帰することが必要なのかもしれない。

    最後に、
    ぜひ59ページの在日ウイグル人女性マイヌルハンさんの言葉は、
    政治家だけでなく一般の日本人全員も絶対肝に銘じておくべき。
    どんなメッセージかはぜひ本書を手にとってチェックして欲しい。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

ジャーナリスト

「2017年 『チベット 自由への闘い』 で使われていた紹介文から引用しています。」

民主党政権では日本が持たないのその他の作品

櫻井よしこの作品

ツイートする