えんぴつで奥の細道

著者 :
制作 : 伊藤 洋 
  • ポプラ社
3.33
  • (10)
  • (6)
  • (49)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 98
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591090893

作品紹介・あらすじ

元禄二年(一六八九)の早春に出立、日光、平泉を巡って日本海に出、金沢を経て大垣にいたるまでの一六〇日の大行脚。芭蕉がもっとも強く心血を注いだ散文『奥の細道』を深く味わう、まったく新しいテキストブック。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もう4年以上かけてちまちま練習しています。
    なぞったあとにノートにも書き写しているので時間かかってますが楽しいです。
    字も上達しました。

    この本の字が好きで買いました。
    リング形式だともっと書きやすかったと思います。

  • 読みたい…っていうか…

    もう3年以上前に買ったんだけど、すごい綺麗なまま放置プレイ中。
    あーー字がきれいな人になりたい!

    松尾芭蕉先生ごめんなさい。

  • 近所の古本屋で発見。
    字がきれいになりたかったから買ってみたものの、一日目の分をなぞって放置。

  • (2006-05-20)

  • 妹がクリスマスプレゼントに買ってきてくれた。書き込むのはもったいないのでノートに書きまくろう。これより気になるのは「般若心経」

  • 空いた時間にちょこちょこやるのがお勧め。
    字は・・上手くなってるかはわかりませんが楽しいので良し!

  • 下手なのと興味半分で買いましたが、少しずつ上手くなってきたような☆
    最近は三日坊主だったのでまた旅を再開する予定です。
    でも気になるぐらい書きにくいんですよね、、おしぃです。

  • 字下手なんです・・・・

  • 面白そうで買ったけど、やってない。ちなみに仕事場に置きっぱなし…

  • マイペースで字の練習帳。
    奥の細道を全く読んだことのない私でも
    読みながら書きながら、国語の時間を楽しく
    自宅再現できますよ。
    なかなか面白いです。

全25件中 1 - 10件を表示

大迫閑歩の作品

ツイートする