ダジャレ ヌーヴォー~新しい駄洒落~

著者 :
  • 扶桑社
2.50
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 19
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594045685

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 頭の体操


    読むだけじゃ、体操にはならない!?

  • 図書館で借りた本。

    思ったほど面白くなかった。
    どんどん疲れる。イラストも品がないし。

  • 発行が2004年なので
    その頃の流行を繁栄したダジャレが満載。
    大分忘れてて元ネタが分からないもの多数;

  • だははは!本当につまらなくて面白かった。面白いダジャレをツクるためには深い教養が必要なのかも。韻をふまないといけないし、センスが必要なのだ。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

企画プロデュース&編集 石黒 謙吾(いしぐろ けんご)
著述家・編集者。1961年、金沢市生まれ。
著書には、映画化された『盲導犬クイールの一生』、『分類脳で地アタマが良くなる』、『図解でユカイ』、『2択思考』『エア新書』『ダジャレ ヌーヴォー』など幅広いジャンルで多数。プロデュース・編集した書籍も、『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』(神田桂一、菊池良)、『ジワジワ来る○○』(片岡K)、『負け美女』(犬山紙子)、『餃子の創り方』『飛行機の乗り方』(ともにパラダイス山元)など250冊以上。

WEBサイト
http://blueorange.co.jp/blog/

Twitter
https://twitter.com/ishiguro_kengo

Instagram
https://www.instagram.com/1496kengo/

「2021年 『昭和レコード超画文報1000枚 ~ジャケット愛でて濃いネタ読んで~』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石黒謙吾の作品

ツイートする
×