国境を越えた村おこし―日本と東南アジアをつなぐ (龍谷大学国際社会文化研究所叢書)

著者 : 加藤剛
  • NTT出版 (2007年9月1日発売)
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757141629

作品紹介

東ティモール、インドネシア、ベトナム、タイ、ラオス、フィリピンと日本の田舎同士をつなぎ、「お互いを知るための」国際交流から一歩進んで「よりよく生きるための」草の根協働と、豊かな関係構築をめざす。国境を越えた21世紀の課題。

国境を越えた村おこし―日本と東南アジアをつなぐ (龍谷大学国際社会文化研究所叢書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 貧困問題の根は深い、グローバリゼーションの影響による農産物価格の低迷など、1農村の住民だけではとても対応できないようなものもある。

  • what can we do

全2件中 1 - 2件を表示

国境を越えた村おこし―日本と東南アジアをつなぐ (龍谷大学国際社会文化研究所叢書)のその他の作品

1-B018U1H4WWの詳細を見る オンデマンド (ペーパーバック) 1-B018U1H4WW 加藤剛

加藤剛の作品

国境を越えた村おこし―日本と東南アジアをつなぐ (龍谷大学国際社会文化研究所叢書)はこんな本です

国境を越えた村おこし―日本と東南アジアをつなぐ (龍谷大学国際社会文化研究所叢書)を本棚に登録しているひと

ツイートする