看護婦が見つめた人間が病むということ

著者 :
  • 海竜社
3.25
  • (0)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784759306033

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2008/1 読。

  • 以前、この作者の本を読んだ時は、
    何か青臭さが鼻について、
    それ以来、読むのを敬遠していた。

    だが、ここ最近、
    異常な人間達の振る舞いに、
    病的な物を感じていた時、
    この本の背表紙を図書館で見かけ、
    また目を通してみようと思った。

    以前のような、
    主張の押し付け的なところがすっぱりと消え、
    異常な行動を取る患者に対しての淡々と、
    いやしかし冷たい視線ではなく、
    自分自身の成長の糧にと反映させる様な、
    むしろ温かみすら感じた文章に驚いた。

    『何とかならないか』というような欲求を抱いて読むと、
    拍子抜けすると思う。
    あくまで作者当人の意見であり、
    解決策を述べるhow to物、
    人生啓発本でもなんでもないからだ。

    とある精神病棟での患者の日常を書いたものだが、
    『こういう視線で見ている看護婦も居るのだな』と、
    夜通し、医療現場での苦労を語ってもらったような、
    そんな読後感を感じた。


    ※ 宮子あずさ(みやこ あずさ)
    1963年6月30日東京・杉並生まれ。
    都立大泉高校卒、明治大学文学部2年中退。
    東京厚生年金看護専門学校卒業。
    1987年より東京厚生年金病院内科病棟勤務。
    1996年より同病院神経科病棟勤務。
    2001年より神経科病棟看護師長。
    2003年11月より緩和ケア病棟看護師長兼務。

    ※ 公式サイト:ほんわか博士生活
    http://miyako.life.coocan.jp/

    ○ 市立図書館所蔵

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1963年、東京都に生まれる。1983年、明治大学文学部中退。1987年、東京厚生年金看護専門学校卒業。2000年に父、2012年に母を見送った。母は女性評論家の吉武輝子。1987年から2009年まで東京厚生年金病院に勤務し、内科、精神科、緩和ケアなどを経験。看護師長も7年つとめた。勤務のかたわら大学通信教育で学ぶ。2013年、東京女子医科大学大学院博士後期課程修了。博士(看護学)。現在は精神科病院で訪問看護に従事するかたわら、大学非常勤講師、執筆活動をおこなう。
著書には『看護師という生き方』(ちくまプリマー新書)、『訪問看護師が見つめた人間が老いて死ぬということ』(海竜社)などがある。

「2016年 『両親の送り方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

看護婦が見つめた人間が病むということのその他の作品

宮子あずさの作品

ツイートする