ぼくのかえりみち

  • BL出版
4.15
  • (57)
  • (58)
  • (24)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 559
レビュー : 75
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776403173

作品紹介・あらすじ

あるひのかえりみち、そらくんは、みちのまがりかどでぴたりととまってつぶやきました。「きょうは、このしろいせんのうえをあるいてかえろう」ところが、とちゅうにパイロンや犬があらわれて…。はたしてそらくんはぶじにいえにかえりつけるのでしょうか?ちいさなぼうけん。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2008年発表。


    ある日の放課後、そらくんは道にかかれた白線の上をたどって家に帰ることにしました。
    落ちないように、ゆっくりゆっくり、そろーりそろり…。
    まぶしいくらいの青い空に、あざやかな緑の田舎道。
    そんななかで、そらくんの頭の中には
    さまざまな想像が広がります。

    さて、そらくんは
    無事に家に帰れるでしょうか。


    子どものころ誰もが一度は試みた遊びを、
    子どもの目線で
    ダイナミックに描いた
    小さな冒険の絵本。




    いやぁ~懐かしい(笑)

    とにかく
    ひとときもジッとしていられない子供だった自分は
    学校帰りは
    毎日違う道を通って帰るのが日課でした♪
    (転校が多かったので仲間と一緒より、
    コッソリ1人でが多かったかな笑)


    いつもの通学路を一本横に逸れれば
    未知の世界が広がる。


    神社の近くにある
    古い大きな井戸。

    まだうちのクラスの誰にも見つかっていない
    小さな駄菓子屋。


    古い小さな店だけど
    やたらと威勢のいいおじさんがいる
    商店街の肉屋さん。


    見たこともないような外国の大きな犬を飼っている
    お屋敷のような家。


    たまにひなたぼっこしてるおばあちゃんが
    ミルキーや
    那智黒飴や
    ボンタン飴をくれたりして(笑)


    知らない道を歩くドキドキ感に
    多少ビビりながらも、
    新鮮な発見の数々が楽しかったなぁ~(^O^)


    この絵本の主人公である
    そらくんと同じく、
    白線踏みごっこもよくやってました。

    自分で勝手にルールを作って、
    白線からはみ出たら
    死んじゃうとか(笑) 、

    自分はヒーローで
    家までの道を
    すべて白線だけを歩いて無事帰ることができたら、
    地球は助かるとか(笑)
    ↑どんな設定や



    今考えたら
    ホンマ単純というか想像力豊かというか


    子供はみんな
    どんな小さなことにも楽しみを見いだせる
    遊びの天才なんですよね♪


    この絵本も
    そんな子供の目だけに見える、
    めくるめく想像の世界が
    かなり笑えます(笑)


    とんぼやザリガニの誘惑や
    ビルディングのように立体化する横断歩道(笑)
    (こんな高さやったなんて…そりゃ慎重にもなるわな笑)


    途中工事中の商店街を乗り越え
    家まであともう少しのところで
    そらくんは最大のピンチに見舞われます。


    果たしてそらくんは
    無事に家に
    たどり着くことができるのか?


    いやしかし
    ひがしさんの
    子供の目線に立った
    この瑞々しい感性はホンマすごい!


    退屈な日常も
    少し見方を変えたり、想像力を働かすだけで
    いつもより輝いて見えてくる。


    コレって子供だけじゃなく
    実は大人にも当てはまることなんじゃないのかな。


    「自分の心持ち次第で
    毎日は楽しくなる」


    大胆な構図とカラフルで優しいイラストで
    大人にも気づかせてくれる、
    懐かしくも
    心躍る楽しい絵本です(^_^)v


    あっ、子供たちへの読み聞かせにも
    最適ですよ~♪

  • 中古購入

    話の内容は全然違うのだけど
    はたこうしろうさんの『なつのいちにち』と
    並べて置きたくなる絵本
    子どもはもちろん身に覚えがあり
    読んでいて楽しいとか
    明日そうしてみようとか
    読んでいてわくわくすると思う

    でもね

    これは大人が読む絵本だと思う
    『なつのいちにち』と同じく
    大人も帰り道に一度はやったことあるはずで
    それをドラマチックに描いてくれている
    説明がしづらいのでネタバレだが
    家に帰るまで道路の白線だけを歩くルール
    足が出たら死ぬ
    まぁ死んだからといって何もなく
    また続けるだけなのだが
    友だちもいるとマジでやりませんでした?
    はみ出た はみ出てないで言い争い
    あと都合のいい自分ルール
    今思うとなんてアホなんでしょうか(笑)
    その様子をこの絵本で懐かしく見る

    だけじゃない

    白線から出たら死ぬ
    それをみごとに描いてくれていて
    そうかこうなってたのか
    そりゃ死ぬわ!!
    って感心してしまった(笑)
    同じように想像してる子もたくさんいると思う
    私は想像力がここまでではなかったと
    ちょっぴり悔しささえ感じた
    最初からそのようには描かないで
    途中からドラマチック仕様なので
    その場面を見た瞬間に
    総毛立つというか
    一瞬でその当時の場面が蘇って
    なんだか興奮してしまった

    下の子に こう見えてるの?と聞くと
    一拍置いてから
    そう! っと元気に答えてくれた
    私が思うに
    下の子もここまでは想像していなかったんだろな
    最後もとても良く
    翌日さっそくマネして家まで到着できた
    私は幼稚園が母とバイク通園だったので
    小学校になってからやり始めたので
    家まではたどり着けなかった

    書き忘れていたが
    冬の登校の際は
    水溜りに張った薄氷を
    学校まで蹴って行ったよね? ね!?
    砂とか砂利をまぶすと割れにくい

  • “白い線の上を歩いて帰る”という普遍的で子どもらしい遊びをテーマにしているため、誰が読んでも楽しめると思う。ときどき立体的な描写になるのがイマジネーションをかき立ててとても良い!

  • 小さい頃、自分でルールを作ってこういうことしたなあ....と思い出した。
    誰しも1人で、または友達とこんなことをしたことがあるのではないかと思う。
    懐かしく、温かい気持ちになれる作品。

    2017.06.17

  • こういう遊びを昔はしていました。けっこう楽しいんですよね。

    最後は自分が予想していたよりも素敵な展開でした。大きくなっても、たまには良いですよね。

  • 小学校からの帰り道、白線わたりで家まで行くぞ、と決めた男の子のお話です。
    自分ルールを決めることで、いつもの帰り道が山あり谷ありのダンジョンに早変わりしちゃうのです。

    私もこういう"自分ルール"で遊んだなぁ、と思い出しました。
    道路の縁石から落ちたら、ワニに食べられて死ぬとか。
    家につくまで1つの石をなくさないように蹴り続けないと地獄におちるとか。
    命がいくつあっても足りない通学路だったなぁ…w
    子供たちの想像力ってすごいのです。

    そんなわくわくした通学路が、ひがしさんのおもしろい視点で、一層スリルたっぷりに描かれています。
    横断歩道の場面が好きです。
    きっと子供たちにはこんなふうに見えているんだろうなぁ。

  • 小学生のとき、大勢の人がそらくんと同じことをしたと思います。

    そして私もその一人です。

    白線だけ通って帰るのって意外とできないんですよね。

    自転車とかあったりして。

    いろんな障害を乗り越えて家の前まで帰ってきたそらくん。

    そこに最後の試練が・・・。

    その試練の乗り越え方がいいですね。

  • 地元の図書館に初めて行ってみました。

    誰もが経験したことがあるのではないでしょうか。
    道路の白線だけを頼りに帰ろうとしたこと。

    白線以外の場所が
    まるで決して触れてはいけない、
    2度と戻ってこれない暗黒の世界だと
    決めてその道へ挑んだこと。

    絵本ならではの上手な見せ方で
    子どもの頃を思い出させてくれます。

  • 子どもたちのお気に入り

  • わかるわかる!だれでも1度はやったヤツだ(笑)
    最後はどうなるかと思ったけど、救世主が登場‼︎

全75件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

絵本作家

「2020年 『魔女のうらないグミ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ひがしちからの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
谷川 俊太郎
長谷川 義史
くすのき しげの...
かがくい ひろし
エリック カール
かがくい ひろし
ビバリー ドノフ...
ユリ シュルヴィ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ぼくのかえりみちを本棚に登録しているひと

ツイートする
×