Se fue 彼女は行ってしまった―ロマンチシズム120%

著者 :
  • ソニーミュージックエンタテインメント
3.67
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (62ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789710671

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小説と付属のCDの音楽がリンクしている。
    ブック&CD三部作の第二作目。これも図書館で借りた。

    物語とエッセイ、キューバの音楽ガイドとあとがきがそれぞれひとつずつ収録されている。
    さくっと読み終わるこの"彼女は行ってしまった"という短編、軸になった音楽と共に読書が出来る体験がよかった。出てくる男が村上龍自身をかなり投影しているように感じた。
    いたって普通の女を主人公にしたと村上が言っている通りだが、甘美な音楽が手を引いて連れて行ってくれるため上質な時間を過ごせた。


    小説はひとつだけだがエッセイもまた興味深い内容。自然について考えさせられる。ただ読み物としては30分程度で終わるかもしれないためボリュームはない。4.5

  • これは本の中にキューバ音楽のCDがついててそれがすっごく良くて何度も聞きました。なのにこの本どこかにいってしまって(T_T)トパーズとかみたいな彼の作品(違う感じのはいいんだけど)は賛否両論で私は・・・ちょっとだめでさわりでトパーズ読めなかったけど(69読んだ後次に何気に読もうしたのがトパーズだったのでちょっと読んでびっくりしました・・・汗笑)でもこれはCD聞きながらぱっと読みました。「69」とこれはすぐ買いました。「69」読んでから村上龍に会ってみたいと思いました。Ryu's barいつも見てました!

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1952年長崎県生まれ。76年に『限りなく透明に近いブルー』(第75回芥川賞受賞)でデビュー。2003年には、514の職業を紹介した『13歳のハローワーク』が125万部を超えるベストセラーに。財政破綻した近未来日本を舞台にした『半島を出よ』(05年)では野間文芸賞を受賞。10年には『歌うクジラ』(毎日芸術賞)を電子書籍として刊行。 近著に『55歳からのハローライフ』、『オールドテロリスト』などがある。16年に『日本の伝統行事 Japanese Traditional Events』を刊行。

村上龍の作品

Se fue 彼女は行ってしまった―ロマンチシズム120%を本棚に登録しているひと

ツイートする