ピンチョンの『逆光』を読むー空間と時間、光と闇

著者 :
  • 世界思想社
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784790715313

作品紹介・あらすじ

フロンティアが消滅したアメリカと世界大戦へと突き進むヨーロッパを舞台に"偶然の仲間"の冒険、トラヴァース一家の復讐、無数の人々の出会いと別れが交錯する物語『逆光』。ポストモダン文学の巨人ピンチョンの千ページを超える傑作の訳者が贈る、ひとつの創造的注釈書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • トマス・ピンチョンの「逆光」を読む方は必携です!

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1967年鳥取県生まれ。京都大学大学院文学研究科英語学英米文学専攻博士課程修了。大阪大学大学院言語文化研究科准教授。主要著書に『UFOとポストモダン』(平凡社)、『実験する小説たち 物語るとは別の仕方で』(彩流社)ほか。主要訳書にT・ピンチョン『逆光 上下』、R・パワーズ『幸福の遺伝子』(以上、新潮社)、H・マシューズ『シガレット』、H・クンズル『民のいない神』(以上、白水社)、D・マークソン『これは小説ではない』(水声社)ほか。

木原善彦の作品

ツイートする