プロメテア 1 (ShoPro Books)

制作 : J・H・ウィリアムズIII  柳下毅一郎 
  • 小学館集英社プロダクション
4.71
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796871983

作品紹介・あらすじ

18世紀の叙事詩、新聞連載漫画、パルプ雑誌、都市伝説…歴史上のさまざまな語りの中に登場し、痕跡を残してきた女神プロメテア。レポート執筆のため、プロメテアを取材していた平凡な女子大生ソフィーは、ひょんなことからプロメテアに変身する能力を得てしまう。やがて"生ける物語"プロメテアに、魔の眷族が次々と襲いかかり…?2001年にアイズナー賞、2006年にハーベイ賞を受賞したアラン・ムーア渾身のニューエイジコミックがついに登場!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 魔法や神のあり方を、この世ならざるものの論理(カバラ神秘学?)でロジカルに説明し、それが「芸術」や「創作」、さらには「想像力」の賛歌になっているという。なに、この離れ業。

    意外なのは、「セックス、スター、スネイク」の章。邦訳があるアラン・ムーア作品でのセックスって、人の愚かしさの側面を描くことが多かったように思う(ウォッチメンの火星シーンは例外)。こんなストレートなセックス賛歌を書いているとは。プロメテアと「想像力」と「戦争」について語るシーンもすごい。

    破天荒なストーリー、宗教的(?)な意匠で飾られた美麗なコマや絵、引用されている元ネタの多様さや密度、どれもすさまじい。「BOOK 1」なので、続きが出るんだよな。楽しみ!

  • とても真摯なファンタジー・ヒーロー・コミックかと思いきや物語とメタと魔術と驚きとやりすぎのムーア節だった。それでいてやっぱり素敵なスーパーヒーロー・コミック。原書で読むには難解すぎるので続2巻も期待したい。

  • アラン・ムーアの魔術書!!と、よく紹介される本。まったくもってその通り!!
    絵とストーリーでわかりやすく、かつ資料的な意味合いもすごいかと。さすがのアラン・ムーア御大…!!
    まだこれがあと2冊続くのかと思うと至福です!!
    主人公のソフィーを通して、歴代プロメテアから、想像界から物質界への脱出、解釈を教えてもらい、世俗的な魔術師から物質界の視点での解釈を、そして、カドゥケウスの杖から、象徴から学ぶ、宇宙の法則を教えられるところまで。
    タロットカードだの、心理学だのに反応しちゃう、子供心が抜けない大人は是非、ご一読を。

  • メビウス/ホドロフスキーの『アンカル』に比すべき名作ではないですか。

    エンターテインメントの水準を維持しつつ、紙面一杯に魔術、神秘主義のイメジャリーが乱舞するという、、


    魔術関連のことはたぶん他の方が解説されると思いますので、
    他の視点で見るならば、イギリスには、イエイツ、ジョージマクドナルドなど、妖精に憑かれた作家の伝統がありますが、この作品もその伝統に連なるものと言えそうです。

  • 画像観て楽しんでます
    JH Williams III - News, Gallery, and Original Comic Art for Sale
    http://www.jhwilliams3.com/

    小学館集英社プロダクションのPR
    http://books.shopro.co.jp/?contents=9784796871983

全4件中 1 - 4件を表示

アラン・ムーアの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
フランク・ミラー
マーク・ミラー
マーク・ミラー
マーク・ミラー
ブノワ・ペーター...
ジェフ・ジョーン...
アラン・ムーア
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする