どうやってねるのかな (幼児絵本シリーズ)

著者 :
  • 福音館書店
3.47
  • (14)
  • (19)
  • (47)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 446
感想 : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834001525

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「~はどうやってねるのかな」という問いかけで動物がどんな寝方をしているか楽しみながら知ることができます。

    登場する動物はシマリス、コウモリ、フラミンゴ、ラッコ、オオカミ、ヒョウ、ラクダ、キリン、そして表紙のコアラ。

    それぞれ自分の体や暮らしに合った寝方をしていて興味深いです。

  • 2歳1ヶ月
    リスやコウモリやフラミンゴなどの動物がどうやって寝るのかが描かれている絵本。絵がリアル。
    最近繰り返しのページが続く本よりストーリーがある絵本が好きみたいであまりヒットせず。

  • 3歳10ヶ月の娘へ。
    読み聞かせてあげる本と自分で読む本、2種類揃えてます。

  • ●読み聞かせ。
    ●みんな面白い眠り方をするね。

  • For Pat san. She didn`t know hiragana and katakana a few months ago. But she use them now.

  • 娘 8ヶ月

    まだ、ちょっと早かったかなぁ。
    動物園に行ってみたくなるような、リアルなイラスト。
    もう少し大きくなったら楽しめそう。

  • 1歳2か月、3か月

    どうぶつの寝る姿がイラストで分かりやすく書かれているので、見ていて楽しかった。
    文章も短く、絵で説明されているので、嫌がらずに見ていた。
    表紙を見てから、必ず、裏表紙を見てコアラの寝方をチェックしていた。

  • 動物画が素晴らしい。
    リアルを越えた美しさ、可愛らしさ。
    はらばいで、すわって、木の上で、親子で寄り添って…。

  • ここ最近、母娘ともどもすっかり薮内正幸さんの絵の虜になってしまいました。図鑑や百科事典の絵なども描かれていらっしゃった方なのですね。

    本書『どうやってねるのかな』はそのものズバリ、動物たちの寝相を紹介した絵本。
    特に詳細な説明があるわけではなく、シンプルに絵で見せるスタイルなのですが、同じ「はらばいになってねます」でもオオカミとヒョウとラクダで全然違うじゃん!とか、キリンのそれは果たして「すわってねます」で済む話だろうか!!?とか、見ているこちらが色々思っちゃうのが楽しい。

    同シリーズの『みんなおおあくび』と一緒に本棚に並べたいです!

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み再製本した、ユニバーサルデザイン絵本の貸出をしています。
    ・ 状況が「読みたい」になっている本は、貸し出しできます。
    ・「いま読んでる」になっている本は、貸し出し中です。
    貸出方法については、ユニリーフのHP  http://unileaf.org/  をご覧下さい。

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

藪内正幸 1940年大阪府生まれ。幼少の頃から動物に親しみ、動物のイラストレーターとして図鑑、百科事典、絵本、童話などを幅広く手がけた。主な著書に『冒険者たち』(岩波書店)、『野や山にすむ動物たち』『海にすむ動物たち』(以上岩崎書店)、『野鳥の図鑑』『どうぶつのおやこ』(当社刊)など。2000年、没。

「2019年 『のうさぎ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藪内正幸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
A.トルストイ
エリック=カール
なかの ひろたか
馬場 のぼる
有効な右矢印 無効な右矢印

どうやってねるのかな (幼児絵本シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×