げんきなマドレーヌ (世界傑作絵本シリーズ)

  • 福音館書店
3.76
  • (100)
  • (72)
  • (154)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 1294
感想 : 114
  • Amazon.co.jp ・本 (48ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834003628

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • なんで、きゅうに もうちょうになったのか
    おもしろかった。

  • マドレーヌがいないときの、みんなの顔に「つまんない」って書いてある。

  • ルドウィッヒ・ベーメルマンス作、瀬田貞二訳。パリの寄宿学校で暮らす12人の女の子たちと、先生のミス・クラベルが過ごす日常と、ちょっとした事件の話。

    絵は、黄色と黒で二色刷りしたシンプルなものもあれば、細かく描き込まれたカラフルなものもあり、統一感はないのだけれど、それぞれに魅力を感じる。
    短文が続く文章は読んでいてテンポが良く、瀬田貞二の訳文のリズムがまた美しい。
    静かにフェードアウトしていく最終ページの語り方も面白く、眠る前の読み聞かせにぴったりな雰囲気がある。

  • 昔、大好きだった本。今読んでもやはり好きだった。盲腸に憧れたなあ。

    勇敢な女の子、入院、病気、

  • パリの寄宿舎で暮らす12人の女の子。一番チビで元気なマドレーヌが盲腸で入院。寄宿舎に残っているのは11人…のはずですが、当時3歳の娘が「みんないるよ」と。
    よく見るといないはずのマドレーヌが…!探してみて♪

  • 大人になって初めて読んだ。おもしろい!

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      マドレーヌは数冊でていて、どれも夢のように可愛くて、とっても好きです。
      江國香織によって訳された数冊は未読なので、いつか読んでみたいと思って...
      マドレーヌは数冊でていて、どれも夢のように可愛くて、とっても好きです。
      江國香織によって訳された数冊は未読なので、いつか読んでみたいと思っています。
      2012/09/03
  • 読み終わったというか、絵本に終わりはないんだけど…。

    日本ではあまり見られない寄宿舎に、
    ちょっぴり憧れました。

    内容は書きません。手にとって、読んで下さい。

  • パリの風景の絵がとても素敵な絵本です。マドレーヌちゃんが盲腸で入院してしまいます。
    うちにあるマドレーヌちゃんのお人形にもちゃんと盲腸の手術あとがあるんですよ。

  • 3歳10ヶ月

    絵が細かいというかラフというか少し大人向けかなと思いきや食いつき良い。ミスクラベルが気に入ったと。
    読んでいて日本語のリズム感がすごく良いのでそれが要因かもしれない。

    大人はひたすらパリに行きたくなる…。

  • 2歳10ヶ月。

全114件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ルドウィッヒ・ベーメルマンス

「2001年 『マドレーヌとジプシー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ルドウィッヒ・ベーメルマンスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
A.トルストイ
ルドウィッヒベー...
ばーじにあ・りー...
トミー=アンゲラ...
エリック カール
なかがわ りえこ
エリック=カール
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×