今日は死ぬのにもってこいの日

制作 : 金関寿夫 
  • めるくまーる
3.71
  • (69)
  • (66)
  • (121)
  • (9)
  • (3)
本棚登録 : 690
レビュー : 82
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784839700850

作品紹介・あらすじ

プエブロ族の古老たちが語る単純だが意味深い生き方を、彼らの肖像画とともに収録した全米ロングセラー。その詩は、無数の名詩選や教科書に転載され、追悼式や結婚式でも朗読されてきた。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一見暗いタイトルにも見えるけれど、ここでの「死」は、長い人生に休みが訪れ身体が自然と一体化する、安らかで肯定的な終わり。

    こういうおおらかさ、土くささは私たちが得ようと頑張って手に入れられるものじゃないんだろうな。
    私にとって大自然は自分のフィールドとして感じられず、森とかに行くと「特別な場所にお邪魔させてもらっている」ような気分になるけれど、彼らにとって大自然は当たり前のように自分の立っている場所なんだと思う。

    こういう感覚を自分の中にも持ちたいなーと憧れながらネイティブアメリカンの世界を覗かせてもらった。

  • タイトルに惹かれて買った本。詩的な感じ。あまりよくわからなかったが、なんとなく感じるものもなくはない気もする。またいつか読めば、もうちょっと書かれていることの意味が分かるようになるのだろうか。

  • じわじわくる感じ

    特にまえがきからぐさりときた

    何か人生のヒントがないかと日々探っているわたしたち

    キョロキョロ探し回ってばかりで見えてこない

    人間以外の生き物はそんなこと考えない。当たり前のように生きて、当たり前のように死ぬ。

    だけども探さずにはいられない、一体インディアンの死生観とはどんなものか


    「人生について わたしは、おまえに何を語ってやれるだろう?」

    「なんにも。わたしの答えはわたしだけのもの。おまえには、通用しないだろう。」

    やられた、おっしゃるとおり

  • ネイティブアメリカンの詩集

    自然とともにある、自然の中に神を見いだすスピリットは日本の八百万の神と通じるものがあるような気がした。
    こんな風に、自然に(nature的な意味でもnatural的な意味でも)生きて行けたらな。コンクリートジャングルで荒んだ心に染み込む一冊。
    きっと何度も読み返す。

  • ”表紙だけは見たことがあったけれど、手に取ることのなかった一冊。
    大切な本読み仲間からのプレゼント。年末年始に心して読もう。

    <読書メモ>

    <きっかけ>
     Tanakaさんからの本まなプレゼント。

  • 母が亡くなった
    今日の通夜の夜に
    持って行って
    しみじみと
    読み直した

    哀しみは人を哲学者にする!

  • ・この手は、わたしの自我の限界だ
    ・老年とは、雨が降らなくても 緑の丘がいかに豊かに見えたかを憶えていること それ以外の何ものでもないのだと
    ・自分が真に誰だかを知りなさい、と精霊が言った そこでわたしは、わたしは人間です、と言った
    ・年老いた女よ すべて良いものの中にはあなたがいる

    今更なほど名著ですが今更読んだ やむにやまれぬ詩ですよ、詩

  • "インディアンの言葉を記した書、詩。
    仏教や儒教に通じるところを感じた。
    現代文明の価値観とは違う世界が広がる。

    ふと立ち止まって、空をみる。
    ふと立ち止まって、大地をみる。
    ふと立ち止まって、我が身をみる。

    そんな時に、読みたくなる一冊。"

  • 枯木のようになった顔や手足に貴方という一輪の花が残り咲き続けました。どうか、その日その時まで枯れないで下さい。死ぬのにもってこいの日まで。代わりに私は星になり貴方の行く先を照らします。火になり貴方を温め冷えることのないよう。雨になり貴方の悲しみを受け入れ流します。目になり時と共に奪われた美しき世界を貴方に魅せるでしょう。大事なことは誰と生きたのか。難しいことは言えません。ただその時まで、手を離さないで下さい。私の人生を離さないで下さい。これ以上言葉になりません。

  • インディアンの思想、生活をインディアンの古老の語り口で詩にした詩集。神は自然に宿るという考え方は日本の八百万の神の思想に似ているなと思った。

全82件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1936年生まれ。ニューメキシコ州のタオス・プエブロ・インディアンと30年以上の交流を持つ。詩・小説・ノンフィクション・写真など幅広い分野で活躍し、国営芸術基金からの文学奨励金のほか、多数の賞を授与されている。1977年には、彼女の詩集のひとつがピュリッツアー賞音楽部門にノミネートされた。代表作に『今日という日は贈りもの』(講談社)、『コヨーテを愛した少女』(パロル舎)など。

「1995年 『今日は死ぬのにもってこいの日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

今日は死ぬのにもってこいの日のその他の作品

Many Winters ペーパーバック Many Winters ナンシー・ウッド
Many Winters: Prose and Poetry of the Pueblos ハードカバー Many Winters: Prose and Poetry of the Pueblos ナンシー・ウッド
MANY WINTERS 図書館 MANY WINTERS ナンシー・ウッド

ナンシー・ウッドの作品

今日は死ぬのにもってこいの日を本棚に登録しているひと

ツイートする