ハンガー・ゲーム2 上 燃え広がる炎 (文庫ダ・ヴィンチ)

制作 : 河井直子 
  • メディアファクトリー
3.87
  • (25)
  • (41)
  • (34)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 268
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840148030

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ハンガーゲーム第2部。
    第1部からさらにストーリーが発展して、さらに壮大なスケールに。とにかく続きを早く読みたい!!

  • 無事ハンガーゲームに勝利したカットニスとピータに新たな危機が…。
    各地区で起こる反乱と、ハンガーゲームの記念大会。
    この先の展開にドキドキです。

  • ますます目が離せなくなります。。

  • 凱旋ツアーの準備をするカットニスの自宅に、スノー大統領が突然現れる。彼はカットニスが示したピータへの愛情が、ハンガー・ゲームで生き残るために行った反逆行為だということを見ぬいていた。さらに、カットニスが本当はゲイルのことを好きだということも知っているのだった。
    凱旋ツアーで各地域を巡るカットニスたちは、パネムに対する民衆たちの不満が高まっていることを知る。そしてついに反乱の火の手が上がる。
    パネム打倒を目指す民衆は、カットニスのマネシカケスのブローチをシンボル化し、各地で戦いの狼煙をあげるのだった。
    パネムはそれを沈静化させるため、カットニスとピータの結婚式と、第75回の記念大会「鎮めの祭典」に耳目を集めるように仕向けるのだった。

  • 吊り橋効果でピータといい感じになってもいいと思ったのですが、そうは簡単にはいかない様子。

  • 1から全く違う展開に。ピーターとカットニスの関係、12地区での生活など。

  • 面白い。
    逆境の中にある、カットニスの心の挺し方がいい。

  • せっかく生き残ったのに、またもやハンガーゲームに出ることに。
    なかなか平和が訪れない主人公。

  • 前回のハンガーゲームに生き残ったカットニス。
    自身を取り巻く環境は激変したのはもちろん、
    生き残り方に問題があったが故にキャピトルに目を付けられ、
    カットニスに新たなる悲劇が・・・

    前作の流れを踏襲した完全なる続編。
    スノー大統領との確執、ゲイル・ピータとの恋の行方と内容は盛りだくさん。

    最後で明らかになる事実は、下巻に向けての期待を大きく膨らませるもの。
    下巻も一気読みしたくなる良作小説。
    劇場版も楽しみ。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    戦いは、終わらない。

    第74回「ハンガー・ゲーム」でピータとともに生き残り、カットニスは第十二地区に戻ってきた。だが、故郷で大歓迎する人々の前で、彼女の顔色はさえなかった。
    ゲーム終盤でカットニスがとった行動は、予想もしなかった影響を人々に与えてしまった。キャピトルの意図しない方向へゲームを進めたカットニスの勇気に力づけられ、不穏な動きが国中に広がりつつあるという。独裁者スノー大統領の怒りを恐れたカットニスは愛する者たちを救うため、ひとり、決断をくだす。
    サバイバル・ゲームより恐ろしい戦いが、始まろうとしていた──。

    【キーワード】
    文庫・シリーズ・バトル・ファンタジー・映画化

    【映像化情報】
    『ハンガー・ゲーム キャッチング・ファイアー』
    2013年12月映画公開予定。
    出演:ジェニファー・ローレンス


    2+1+1+1

全28件中 1 - 10件を表示

ハンガー・ゲーム2 上 燃え広がる炎 (文庫ダ・ヴィンチ)のその他の作品

スーザン・コリンズの作品

ハンガー・ゲーム2 上 燃え広がる炎 (文庫ダ・ヴィンチ)を本棚に登録しているひと

ツイートする