のでのでので

著者 :
  • 絵本館
3.50
  • (5)
  • (5)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784871100632

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 飛び上がった。飛び上がったので、……わんとほえたので、びっくりした。びっくりしたので

    最初に戻る。


    レビュー投稿は7月14日だけれど、読んだのは7月13日。

  • 2017.06 5-2 5分

  • 子どもの頃好きだったので、再読。
    「○○ので」……
    と次のページをめくるのがとっても楽しい。
    ちょっと面白い展開が要所で待っていて、
    ラストでにやっとしてしまう作品。

  • 原因が結果を引き起こし、その結果が原因となって別の結果がもたらされ、その結果がまた原因となってさらに別の結果が…最後には、円環を為すように、終わりに示される結果が原因となって、始まりに繋がる絵本。
    終わり方やタイトルが洒落ている。

    2歳の娘は繰り返しのリズムを気に入っている様子。

  • 五味太郎さんの円環系の作品。

    どんな状況なのか、上空から見てみたい!

  • ページの文章と絵の配分とテンポがよく、声に出して読むことをおすすめします。

  • 「〜ので」でつながる楽しい、楽しい言葉遊び。
    読み聞かせすすめていくうちにいつの間にか子供達も一緒になって「ので」と口に出しちゃいます。

  • さすがに、見た事ある〜、の声多数。ので、の所は全員一緒に声出して読んでみた。言葉のノリを楽しむ絵本。

  • アイディア賞です。どの作品もユーモアだな~

  • 話が最後までいって
    最初に戻る、
    ぐるぐるまわる
    終わりのない絵本・・・

    という趣向は
    面白いけれど・・

    五味太郎には
    もっと面白い本が
    たくさんあるので、
    これは★3つにした。

    (2008年9月 文庫)
    (2010年5月 文庫)

全14件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1945年、東京都生まれ。絵本作家。桑沢デザイン研究所ID科卒業。絵本を中心とした創作活動を続け、400冊を超える作品を発表。海外でも50数種類 の本が翻訳され、10数カ国で出版されている。『かくしたのだあれ』『たべたのだあれ』でサンケイ児童出版文化賞、『仔牛の春』でボローニャ国際絵本原画 展賞、エッセイ『ときどきの少年』で路傍の石文学賞など受賞。『きんぎょがにげた』『さる・る・る・る』『ことわざ絵本』など、ミリオンセラー多数。

のでのでのでのその他の作品

五味太郎の作品

ツイートする