緊張をとる

著者 : 伊藤丈恭
制作 : 村田善子  出口藍 
  • 芸術新聞社 (2015年7月30日発売)
3.89
  • (8)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (2)
  • 本棚登録 :115
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784875864479

作品紹介・あらすじ

なぜ俳優は舞台で緊張しないのか?人前に強くなる!日常で自分の殻を破る!"瞬間的緊張"と"慢性的緊張"をとるための演劇的アプローチを大公開。「俺はこんなもんじゃない」と泣く主人公を元大物女優の"ママ"が指導する抱腹絶倒の物語でナビゲートします。

緊張をとるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あるサラリーマンがプレゼンの時の緊張をなくすための指導をひょんなことから飲み屋の元女優のママから教わることに。

    シナリオ風の小説なので基本的に会話だけがずらーっと続いています。

    で、中身なのですがこれが読み始めの想像をはるかに超えて素晴らしかった。

    演劇のメソッドを紹介しながら緊張のとりかたや感情や意識の持ち方、身体の緩め方などが満載。

    ものすごい宝物がつまった本でこんなに書いてしまってよいのかというぐらいの良書です。

    今年のベスト10には入れてよい一冊ですね。

    すごい面白かったです。

  • なかなか面白かった。緊張を克服するために、大物女優からアドバイスをもらうという切り口が新しい。

  • -

  • 学び多過ぎ!
    もちろん演劇なんて全く志してない僕にとって。

    緊張を取り、目的を達成するための具体的な練習方法や心構えまでみっちり書き込まれてる。

    一度や二度読んだだけでは、全く意味のない本。
    むしろ「わかったつもり」で間違って理解してしまう恐れのある注意すべき本。

    手元に置いて、参考書のようにその時々で自分に合ったページをめくって初めて価値が出る。
    著者の伊藤丈恭(たけやす)さん、本はこの一冊だけのようだけど、ここに持っている全てのエッセンスをギュッと詰め込んでくれてありがとうございます。

  • やたらと分厚いので、時間がかかる。会話調にして読みやすくしているのも緊張せず読める工夫か。ここに出てくるエクササイズのひとつでも実践すると確かに緊張がとれる。役者のメソッドでありながら、一般的なあがり症に効果がある。読んだ価値ある。

  • 私もスナックとらのあなに行きたい!
    演劇のメソッドを利用して緊張を取る方法をママと男の会話として戯曲形式で書いた斬新な本。笑えるという意味でもおもしろいし、リラックスの方法もわかる。

  • 割とまじめにプレゼンや人前での緊張の取り方をかなりの程度でじっくりとやる本。読みではありますね。

全7件中 1 - 7件を表示

伊藤丈恭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 文則
ジェームス W....
伊賀 泰代
リンダ グラット...
三浦 しをん
メンタリストDa...
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

緊張をとるを本棚に登録しているひと

ツイートする