ぼのぼの 11 (バンブー・コミックス)

  • 竹書房
3.77
  • (22)
  • (10)
  • (38)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 188
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (134ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884758271

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 色々あって色々な経験したけど、
    この道一筋の専門家、みたいな人を見るととても羨ましくなることがある。
    そんな時、「枝がいっぱいある木」の話を読むと、それでいいんだよと言ってもらえた気がする。
    私は枝がいっぱいある木になれたのだと思うようにしよう♪

  • できることとできないことについて

  • 「あ~あ」ってなるのが面白いね、クスクス
    っていう話はあまり共感できなかったので割愛。


    ぼのぼのが木登りをアライグマくんから伝授してもらう話がすごく面白かった。すごく頼りになるアライグマ君と、アライグマ君のお父さん。
    お父さん呼びに行くたびにぼこぼこにぶん殴られてるアライグマ君が愛しくて仕方ないです。

    できないことで悩まない。
    でもやりたいことは諦めにでやってみる
    そうやって、できることを探す。
    でもどうしてもできなかったら、別なことをやれ。

    アライグマ君のお父さんって、ちょっとかっこいい。

  • 01317
    Z007
    K-9999999-007

  • サイコーの気持ちだよ!

  • ぼのぼのは哲学書だと思ってます。
    よく読むと、ものの考え方とか生き方について語られているストーリー。
    でもさらっと読んでも面白い。
    なんてすごいまんがなんだ。

  • とにかくかわいい!日常のふとしたことが何でこんなにも面白可笑しく思えるんだろう、と。可愛いけれど奥が深い漫画です。スナドリネコ氏がさりげにカッコイイ(笑)

  • スナドリネコさんは世界一かっこいい動物だと未だに思ってる

  • 読んでいると時がたつのを忘れます…なんでいがらしみきおの手書き文字はこんなにも温かいんだ?

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1955年生まれ。宮城県出身。漫画家。主な作品に『I』『羊の木』『ぼのぼの』など多数。

「2015年 『誰でもないところからの眺め』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いがらしみきおの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×