直す現場

著者 :
  • ビレッジプレス
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894921658

作品紹介・あらすじ

直す現場は、機械仕掛けの現代にあって仕事をする人の息づかいが感じられる場所であり、モノを作ること(人)と使うこと(人)の接点が見える。

ものが狂ったり、ゆがんだりしたら、その都度、まっ直ぐに、あるいは、正しいように戻して使っていく方が気分がよい。「直す」というのはそういう考え方だ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なかなかおもしろい

     プリンター修理、車の電装系修理などが苦手だ。成功した試しがない。プロはプロの魂がある。魂なくして修理は無理だ。つまり、何度でも直して使い続けたいという思いが大事なんだなというのがこの本の感想。

     自転車の修理や改造が私にもできるのはこの魂が少しあるからだろう。ま、タイヤ交換は苦手だが。

     次は車椅子の改造やってみたいな。喜んでくれる人が多そうだから。

  • 「直す現場」百木一朗著、ビレッジプレス刊読了。...帯の言葉”ものが狂ったり、ゆがんだりしたら、その都度まっすぐにあるいは正しいように戻して使って行く方が気分がよい。「直す」というのはそういう考え方だ。”捨てず直す、その現場をイラストだからこその臨場感で綴った逸品。ものに愛を。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1951年、京都生まれ。京都教育大学特修美術科卒業
1976年頃より工業デザイナー、造形作家
1980年奈良県生駒に一風工房設立
併行してモノをつくることについてイラストや文を書いている。
著書に『ハンドワークノート』(プレイガイドジャーナル社)、児童書『パンクしゅうり』『かざぐるまのくに』(福音館書店)がある。『パンクしゅうり』(かがくのとも212号 1986年)は5〜6歳児向けに自転車のパンク修理の一部始終を描いたものである。
ブログ「直して使う」http://naosu.ippu.main.jp/

「2011年 『直す現場』 で使われていた紹介文から引用しています。」

百木一朗の作品

ツイートする