あなたの人生を変える雨の日の過ごし方

著者 :
  • 文響社
3.35
  • (4)
  • (4)
  • (8)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 79
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784905073871

作品紹介・あらすじ

雨が降ると……
 ・頭痛 ・憂鬱 ・眠気 ・だるさ ・不調 ・ストレス
を感じる人必読!

日本で3日に1度は降る雨の、新しい活用法!
「たった5分間」過ごし方を変えれば
自律神経が整い、パフォーマンスが上がります。

たとえば
・雨の日の朝シャワーが効く理由
・雨の頭痛に効く飲み物は、「コーヒーorお茶」?
・だるさが吹っ飛ぶ「腸腰筋ストレッチ」

など、科学的メソッドを50個紹介!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • なぜ雨の日は、憂鬱になるのか。それは水分と気圧に関係していた。科学に裏付けされた説明と対処方法は、理解が深まりすぐに実践できるものばかり。ストレス社会の今こそ、教科の一つとして学ぶといい内容ですね。

  • ストレスや脳疲労のカウンセリングと研究を続けてきた著者による、だいたいタイトル通りの本。
    悪天候や気圧の変化で体調が悪化するのをどうにかしたくて読んでみた。
    雨の日の不調を解消する方法だけでなく、後半では雨の日を好きになれる科学的情報がまとめられていて、参考になった。
    手元に置いて雨の日に読み返したい1冊。

  • 雨が嫌いな人に向けた本みたいだった。私は雨が好きなので、そんなに役に立たなかった。

  • 長年、雨の日に元気が出ず、
    頭痛すらする日もあり、辛かった。なので購入。

    雨は副交感神経が優位になる。だから、体は休みたいと言っている。ゆっくり過ごしましょう、とのこと。

    雨の日はゆっくりと。体を休める。仕込む。雨の音を聞く。
    ヨガの先生も、雨の音を聞きながらヨガをいいよね、と言ってたな。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

ストレスケア・カウンセラーの教育機関であるBTU(バランスセラピー Univ.)代表。福岡を中心に東京などに25校を開校。現在、5,000人を超える履修生が全国で活動中。
身体からアプローチするカウンセリング手法は、教育、医療・福祉機関、公共団体、震災被災地、生保、損保、IT企業など多岐にわたる団体で導入されている。
静岡県健康福祉部・浜松先端医療技術センターとの脳内動態の共同研究、東京大学大学院・東北大学大学院における少年院入院者のリラクセーション効果の研究など、国内各地の大学・研究所との共同研究にも積極的。日本行動医学会荒記記念賞受賞。日本認知・行動療法学会、日本心身医学会所属。
主な著作に、『脳が若返る歩き方』(KADOKAWA)、『脳の疲れをとるストレッチ』(扶桑社)などがある。
本書では、ストレスケアの現場や研究の中で得た経験・知識をもとに、新しい「雨の日の過ごし方」を提案。日本で平均して3日に1度は降っている雨を活用することで、日頃の疲れやストレスを解消し、毎日をより充実させられる実践的なメソッドを紹介する。

「2017年 『あなたの人生を変える雨の日の過ごし方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

美野田啓二の作品

ツイートする
×