悲劇ヴラジーミル・マヤコフスキー (マヤコフスキー叢書)

制作 : 平田 俊子  小笠原 豊樹 
  • 土曜社
3.67
  • (2)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784907511029

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 言葉を重ねて新しい言葉を作っていく感覚を感じたり、言葉の世界だからこそできる表現を感じて面白かった。戯曲のスタイルではあっても、ほぼ詩集というスタイルからも、言葉のセンスと共に自由な印象を受けた。

  • 当時の背景をよく知らないとちょっとわかりにくいかもしれない。舞台で演じたらわかるのかな? という感じ。どんな舞台だったのか観てみたかった。

  • マヤコフスキーの個性が炸裂。

  • 小笠原豊樹氏翻訳のマヤコフスキー叢書2冊目。
    言葉の使い方が魅力的で、青年マヤコフスキーに会いたくなってしまうのは小笠原豊樹さんの力も多分にあると思う。
    「詩人ヴラジーミル・マヤコフスキー」が主人公の不条理劇。
    戯曲の出来としては……?

    2014年8月 売却

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

ロシア未来派の詩人。1893年、グルジアのバグダジ村に生まれる。1906年、父親が急死し、母親・姉2人とモスクワへ引っ越す。非合法のロシア社会民主労働党(RSDRP)に入党し逮捕3回、のべ11か月間の獄中で詩作を始める。10年釈放、モスクワの美術学校に入学。12年、上級生ダヴィド・ブルリュックらと未来派アンソロジー『社会の趣味を殴る』のマニフェストに参加。14年、第一次世界大戦が勃発し、義勇兵に志願するも、結局ペトログラード陸軍自動車学校の設計士として徴用。戦中に長篇詩『ズボンをはいた雲』『背骨のフルート』を完成させる。17年の十月革命を熱狂的に支持し、内戦の戦況を伝えるプラカードを多数制作する。24年、レーニン死去をうけ、長編哀歌『ヴラジーミル・イリイチ・レーニン』を捧ぐ。25年、世界一周の旅に出るも、パリのホテルで旅費を失い、北米を旅し帰国。スターリン政権に失望を深め、『南京虫』『風呂』で全体主義体制を風刺する。30年4月14日、モスクワ市内の仕事部屋で謎の死を遂げる。翌日プラウダ紙が「これでいわゆる《一巻の終り》/愛のボートは粉々だ、くらしと正面衝突して」との「遺書」を掲載した。

「2014年 『ズボンをはいた雲』 で使われていた紹介文から引用しています。」

悲劇ヴラジーミル・マヤコフスキー (マヤコフスキー叢書)のその他の作品

悲劇ヴラジーミル・マヤコフスキー Kindle版 悲劇ヴラジーミル・マヤコフスキー マヤコフスキー

マヤコフスキーの作品

ツイートする